第27話 真っ赤なロードスター

「何よ。お相撲さんのお尻見て欲情する人だって、いっぱいいるわよ。って、言うか。そんな事、ど~だって良いのよ。さぁ…😆🎶✨ 着いていらっしゃい」


《はいはい、姫~…😆🎶✨》

 おい、お前は、もう家来か。


「あの、オレもですか?」

「は~? 当ったり前でしょ! お帽子、持って来なさい」

「え、ボクが……?」

 ったく、何なんだ。仕方なく姫乃の帽子を持って追い掛けた。

 

 外へ出ると、駐車スペースに見かけない真っ赤なロードスターが停車してあった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます