第10話 シャロン・ストーンじゃないが…😳💦💦

「ええ…… それが、何?」

 長い脚を組み変えた。吸い付きたくなるくらいの美脚だ。


 シャロン・ストーンじゃないが、つい股間を覗き込んでしまいそうだ。


「あの…、誰のママなンです…😳💦💦」視線を外した。これ以上、見ていると、ムラムラしてきそうだ。


「あんた、おバカさんなの?」

「いえ…… まぁ、人並みだと思いますが…へっへへ……😅💦💦」


「ここには、私とあんたしか居ないのよ」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます