第35話

「それを全部読んでいたら、日付が変わるよ。僕が読んで、大事なこと必要なことをピックアップしてある。僕たちが知る必要があることをね」


桜井はズボンの後ろポケットに手を突っこみ、何かを取り出した。


それは折りたたまれた数枚のレポート用紙だった。


「ちゃんとプリントアウトしてあるよ。読みやすいようにね」


「こんなものがあるんなら、最初から出せよ。レプリカもノートも必要ないだろう」


「それがいったいどういった類のものかを、耳ではなくて目で確かめてもらいたかったから、わざわざこういう手順をふんでみたんだよ」


「まったく」


上条は紙を広げた。一番上にはこう書かれてあった。


○ それは吸鬼である。


「吸鬼?」


「そう。吸い取る鬼。昔は得体の知れない化け物に鬼と名づける傾向があったので、そう呼んだんだろう。今風に言えば、吸い取る怪物かな」


「何を吸い取るんだ?」


「それも書いてあるよ」


なんだかいつになく上から目線な口調だったが、上条は無視してそのまま続けて読んだ。


○ 吸鬼は、人の命の源、及び人の魂を吸い取る。吸い取られた者は、まるで死人のような見た目となるが、実際もう死んでいる。


「それじゃあ犬田たちは、もう死んでいるのか?」


「そこに書かれていることが本当だとしたら、もう死んでいることになるね」


「でも歩いたりしゃべったりしてたぞ」


「歩いたりしゃべったりしてても、死んでいることになるね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます