私には彼を夫と呼ぶ資格なんてない

作者 角増エル

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 小桜美奈穂(27)へのコメント

    なるほど、そうきたか、と思わず唸りました。
    他の方のコメント見て思いましたが、じつは旦那さんは記憶喪失が戻ったことを喜ぶふりをしている、という流れで続きが書けそうですね!
    いや、このネタは自分用に頂きましょう!笑

    作者からの返信

    こちらもお読み頂いてありがとうございます!
    やり尽くされた感のある記憶喪失モノという土壌で、これはあまり見ない展開な気がする! と思って書いたんですが、暫く経ってから超有名なラノベ(ネタバレを避けるためいちおう作品名は避けます)の主人公がまさに同じことやってたなーと思い至りました笑

    旦那側の視点はあえて描かず気づいているのかどうかは明示しなかった(読者の想像に委ねた)んですが、Ifの展開として気づいているとした場合のストーリーもやはり魅力的ですよね。
    記憶がもどったことを喜ぶふりというのも、単純に優しい嘘なのか、実は記憶がもどって欲しくなかったのか、とかいろいろと選択肢があって膨らませ甲斐がありそうですね……!

    2020年4月6日 01:05 編集済

  • 小桜美奈穂(27)へのコメント

    エル様の作品を初めて拝見させていただきました!

    なんか切ないような、暖かいような、そっと胸をくすぐられるこの雰囲気がすっごく素敵です!泣けるほど悲しい物語ではないけどウルッとしてしまいます。

    作者からの返信

    うわーー! 読んでいただいてありがとうございます!
    こんな読後感になると嬉しいなーと思い描いていたものに近い感想を頂けて、すごくうれしいです。
    また、レビューまでありがとうございます!!
    今後ともよろしくお願いします!

    2018年4月8日 23:42

  • 小桜美奈穂(27)へのコメント

    わぁ、すごく素敵……だけどすごく切ないですね(>_<)
    いつか記憶が戻って欲しいような、旦那さん視点のお話も読んでみたいような……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    「記憶喪失のふり」はたまーに見かけるんですが、「記憶が戻ったふり」はあまり見ない気がしたので衝動のままに書いてみました。
    既に筆力不足が凄いですが、確かに旦那視点も書いてみたさあります!

    2017年11月20日 01:37