特別番外エピソード・篠原愛紗編

第100話・いつか届けたい想い

 出会いのシーンて言うのは色々あると思うけど、誰でも一度はドラマの様な素敵な出会いを夢見た事があると思う。私だってそうだから。

 でも現実は、ドラマの様に劇的で素敵な出会いなんてそうは起こらない。私と先輩の出会いがそうだったみたいに。

 あれは夏休みを目前に控えた、中学二年生の時の事だった。

 私はその日、一大決心をして体育館裏に来ていた。好きな男子に告白をするという、一大イベントを成功させる為――だったけど、結果は惨敗。

 しかも告白をした相手に、『俺、小学生みたいな小さな子に興味ないんだ』――なんて言われてしまう最悪のオマケ付き。

 恋愛なんだから振られるのは仕方ない事だけど、何より私の最大のコンプレックスである身長が原因で振られたのがとてもショックだった。

 そして龍之介先輩と初めて出会ったのは、そんな最悪のオマケが付いた告白のあと。

 初めて会った時の先輩はなぜか右手に小さなスコップを握り締めていて、そんな先輩を初めて見た時の第一印象は、変な人――だった。だって放課後の体育館裏にスコップを持って現れるなんて、どう考えたって変。だから当時の私がそういう風に思ったのは、仕方がない事だと思う。

 でもその時の先輩は、落ち込んでいる私をとても気に掛けてくれた。心に残る言葉を送ってくれた。その時の先輩の言葉は、今でもちゃんと覚えてる。

 あの時の先輩はとても真剣な表情で、『相手を好きになる理由はそれぞれだとしても、好きになった根本的な理由はきっと、その人だから好きになった――って事だと思うから』と言ってくれた。

 それが私には嬉しかった。終わってしまった恋だけど、それが無駄な恋じゃなかったと思えるくらいに。失恋の痛みも悲しみも吹き飛ぶくらいに。

 思えばこの時から、私は既に先輩を意識し始めていたのかもしれない。

 でも、中学時代はあんな恥ずかしい場面で出会った事もあって、私は先輩と接点を持つ勇気が出なかった。それでも高校では勇気を振り絞って話し掛け、なんとか先輩と接点を持つ事ができた。


「どうしよう……どこに落としちゃったのかな……」


 花嵐恋からんこえ学園に入学してから一ヶ月くらいが経ったお昼休み。

 私はかなり困った状況で廊下の上を見回りながら歩いていた。妹の由梨に夕飯の事でメッセージを送ろうと携帯を鞄から取り出した時に、先輩から貰った大切な物が無くなっている事に気付いたからだ。

 今日は移動教室も多く、鞄を持ち歩く機会が多かったから、その時にその大切な物を落としてしまったんだろうと私は思った。

 そしてそんな風に思った私は、お昼ご飯を食べる暇も惜しんでその大切な物を探し回っていた。

 学園の下駄箱に着いた時までは確かに鞄に付いていたのを覚えているから、学園までの道のりで落としたという可能性は無いと思う。だから今は廊下の隅から隅までを丁寧に見て回っているけど、目的の物が落ちている様子はない。


「――よう、愛紗。何で下を見ながら歩いてんだ?」

「えっ?」


 フロアを移動して音楽室や化学室などの様々な専門教室が立ち並ぶ廊下を探し回っていると、不意に後ろから声が掛けられた。

 驚いた私がその声に後ろを振り向いて顔を上げると、そこには不思議そうな表情で私を見ている龍之介先輩が居た。


「探し物でもしてるのか?」

「あ、いや、そのぉ……」


 私はいつになく焦っていた。

 いつもなら先輩に会えるのは嬉しい事だけど、今回は状況が状況だけに、先輩には会いたくなかった。


「何か探してるなら手伝うぜ?」


 先輩は心配そうな表情を浮かべてそう言ってくれる。

 本当に先輩のこういうさり気ない優しさが嬉しい。だけど今の私は、その優しさに甘えるわけにはいかなかった。


「あっ、いえ、何でもないんです。ありがとうございます、先輩」

「あ、ちょ――」


 私はちょっと気まずくなってしまい、急いでその場から逃げ出してしまった。

 本当なら先輩にも一緒に探し物を探してもらえばいいんだけど、他の人ならともかく、先輩に貰った物を先輩に探してもらうなんてできない。先輩の側から離れた私は、再び探し物を求めてあちこちを探し始めた。

 あれは先輩と学園で再び知り合ってから二週間くらいが経った頃。先輩と私は帰宅部という事もあり、放課後一緒に帰る機会も結構多かった。

 そんなある日。先輩から『ちょっとゲーセンに寄り道しないか?』と誘われ、私はその誘いにドキドキしながらも頷き、先輩と一緒にゲームセンターで楽しい時間を過ごした。

 その時に先輩がクレーンゲームで取ったうさぎのキャラクター、うさうさの小さなぬいぐるみを私にプレゼントしてくれたんだけど、私はそれを失ってしまった。

 もちろん先輩が、深い意味を持ってそれを私にくれた訳じゃないって事は分かってる。でも、私にとっては先輩からの初めてのプレゼント。

 だから私は、その小さなぬいぐるみを鞄に取り付けてとても大事にしていた。他人が聞けば、たかだかゲームセンターの景品くらいで――と思われるかもしれないけど、私にとっては想い人がくれた大切な品。

 だからそんな大切な物を失くしてしまった自分の至らなさと、ぬいぐるみをくれた先輩に対する申し訳なさもあり、私の気分は深く深く沈んでいた。

 こうして私は先輩の前から逃げ出したあとも昼休みの時間全てを落し物探しに費やしたけど、ついに落とし物を見つける事はできなかった。

 そしてモヤモヤとした気分のままで午後の授業を過ごし、いよいよ本日最後の授業である体育の時間を迎えようとしていた。

 私は急いで体操服に着替え、下駄箱付近にうさうさのぬいぐるみが落ちてないかを確認しに向かった。


「――愛紗。何か探してるの?」


 下駄箱付近をうろうろと探し回っていた私に話し掛けてきたのは、同じクラスの友達。私はいい機会だと思い、その友達に落し物の事を尋ねてみる事にした。


「うん。この辺りにうさうさの小さなぬいぐるみが落ちてなかったかな?」

「うさうさのぬいぐるみ? あー、愛紗が鞄に付けてたやつ?」

「そうそう。朝来た時にはあったんだけど、どこかで落としちゃったみたいで」

「そうだったんだ。私は見てないけど、もしも見つけたら拾っておくね」

「うん。ありがとう」

「――よっ、愛紗。これから体育か?」


 グラウンドへと向かう友人にお礼を言って見送り、私が再び下駄箱周辺を探し始めたその時、ドキッと胸が高鳴る声が聞こえてきた。


「あっ、先輩……そうです」


 私は伏せ目がちにそう答えた。

 どうして先輩がここに――と思ったけど、先輩も同じく体操服を着ているという事は、先輩もこれから体育なんだと思う。


「そっか。授業に遅れない様にな?」


 先輩はそう言うと、スタスタと歩いてグラウンドへと向かって行く。

 この時の私は、私の知っている先輩にしてはやけにあっさりとしている感じがとても気になった。


 ――もしかして、私が妙な態度をとったから怒ってるのかな……。


 ぬいぐるみの事にプラスして先輩の様子が気になった私は、体育の授業にまったく集中できなかった。

 そして体育の授業が終わって放課後になった頃。私は閑散とした学園内で探し物を続けていた。

 これだけ探しても見つからないって事は、もう見つけ出すのは無理かもしれない。でもそうは思いながらも、私はどうしても諦められなかった。


「あれ? まだぬいぐるみは見つかってないの?」


 廊下をうろうろとしながらぬいぐるみを探していた時、部活中のはずの友達が現れて声を掛けてきた。


「うん。どうしても見つけたくて」

「そっかあ。私も気にして見てたけど、ぬいぐるみはどこにも無かったからなあ」


 私の頼みを聞いて気にしてくれていた事が嬉しかった。そしてそれと同時に、申しわけなくも思ってしまう。


「わざわざありがとう」

「うん。それじゃあ私は部活で使う忘れ物を取って戻らないとだから――あっ、そうだ! 落し物ボックスはもう見に行った?」

「落し物ボックス?」

「うん。この学園の一階の端にある用務員室の前にあるらしいんだけど、学園内で拾われた落し物はそこに集められるって聞いたの。だからもしかしたら、そこにあるかもしれないよ?」

「そうなんだ! ありがとう! 行ってみるね!」


 そんな場所が学園内にあるなんてまったく知らなかった私は、情報をくれた友人に感謝をしつつ、急いで階段を駆け下りて用務員室へと向かった。


 ――あれっ?


 階段を下りてそろそろ用務員室があるフロアの廊下へ着こうかという頃、反対側の通路から龍之介先輩らしき人がこちらへと向かって歩いて来るのが見えた。私は咄嗟に廊下の突き出た柱の部分に身を隠し、その様子を見守る事にした。

 すると先輩らしき人は用務員室の前まで歩いて来ると、そこで何かをしてから用務員室前から離れて行った。

 そして私は先輩らしき人が用務員室前を離れたのを確認したあと、すぐさまその場所へと向かった。


「――あった!」


 用務員室前にあるいくつかの落し物ボックスと書かれた箱の内、今日の落し物――と書かれたボックスの中を覗くと、そこに私の失くしたうさうさのぬいぐるみが入っていた。

 そして壁に貼られている説明書きを見ると、どうやら貴重品以外の物は拾い主がこのボックスに入れていいようになっているらしく、私は説明書きの続きを読み、それに従って落し物ノートを開き見た。

 するとそこには拾い主が何をどこで拾ったのかを書き込む欄があり、私のうさうさのぬいぐるみの事も書いてあった。


「どこに落ちてたのかな? えーっと……化学室前の窓際?」


 落し物を拾った場所の欄には、確かにそう書かれていた。

 どうして窓際なんかに――と、最初は不思議に思ったけど、もしかしたら最初に見つけてくれた人が気を遣ってそうしてくれたのかもしれない。

 ぬいぐるみが見つかって安堵した私は、ノートの引き取り者欄に自分の名前を書き込んだ。そして今度は絶対に落とさないように安全ピンでしっかりとぬいぐるみを鞄に止め、ほっとした気持ちで下駄箱へと向かった。


「――あっ、先輩」

「おう、愛紗じゃないか。どうしたんだ? こんな時間まで残ってるなんて珍しいな」


 ちょうど廊下を歩いて下駄箱の出入口へと着いた時、偶然にも先輩に遭遇した。


「せ、先輩こそ、どうしてこんな時間に?」

「えっ? あー、ちょっと用事があって色々してたらこんな時間になったんだよ。それでさ、それが終わって帰ろうとしたら、今度は鞄を教室に忘れてた事を思い出してさ。今それを取って戻って来たところなんだよ」

「そうだったんですね」

「ああ。そういう事。愛紗も今から帰るのか?」

「はい」

「そっか。それじゃあ、一緒に帰るか?」

「は、はい。そうします」


 私は俯きながらそう答えた。

 そして先輩を目の前にした自分の顔が、少しずつ熱くなっていくのが分かった。


 ――やっぱり意識すると恥ずかしいなあ……。


 そんな緊張と嬉しい気持ちが入り混じる帰り道。私は先輩といつもの他愛ない会話を楽しんでいた。本当に些細な事だけど、私にとっては至福の時間。

 そしてそれと同時に胸がドキドキして、とても苦しい時間でもある。


「そういえばさ、落し物は見つかったのか?」


 その言葉を聞いて私の心臓はドキッと跳ねた。

 何でその事を知っているんだろう――と一瞬思ったけど、よく考えてみれば、お昼休みに先輩に廊下で会った時も、下駄箱で会った時も、私は探し物をしていた。

 だからあの時の姿を見れば、私が何かを探していた事くらいは察しがつくと思う。それなら先輩のこの発言も別におかしくはない。


「えっとあの……見つかりました」

「そっかそっか。良かったな」


 後ろめたさを感じていた私に向かって、先輩はにっこりと微笑んでそう言ってくれた。そのにこやかな笑顔が、私の罪悪感を更に大きくしていく。

 そしてそんな罪悪感があったからか、それから駅に着くまでの間、私は先輩とまともに会話ができなかった。


「――それじゃあ愛紗、気を付けて帰れよ?」

「……せ、先輩!」

「どうした?」

「あ、あの……探し物の事、心配してくれてありがとうございます」

「おう。ぬいぐるみ、見つかって良かったな」

「えっ!?」

「じゃあなっ!」


 そう言うと先輩は、私に向かって手を振ってから帰って行った。

 私はと言うと、その一言に身体が固まってしまい、先輩の手振りに反応する事ができなかった。


× × × ×


 その日の夜。

 私は第三者の意見が聞きたくなり、自分の部屋で妹の由梨に今日の出来事を話していた。


「――というわけなの。ねえ、由梨。何で先輩は探し物の事を知ってたんだと思う?」

「うーん……私はその先輩に会った事が無いから推測でしか言えないけど、いいかな?」


 私はコクンと頷き、由梨の話に耳を傾けた。

 由梨はちょっと――ううん、だいぶおっとりした子だけど、その観察力や洞察力には私も一目置いている。


「まず、その先輩が探し物の事を知ってた理由だけど、それはお姉ちゃんが言ってた様に、探し物をしているところを見たからだと思う」

「やっぱりそっか」

「うん。次にその先輩がなんでぬいぐるみを落とした事を知っていたかだけど、これは多分、下駄箱でお姉ちゃんとお友達が話していた内容を、偶然にでも聞いたからじゃないかと思うの」


 確かに友達と話をしたあと、すぐに先輩と遭遇した。

 一年生と二年生の下駄箱は隣り合っているし、状況からして下駄箱越しにその会話が先輩の耳に届いていたという可能性は高い。そう考えると、先輩が探し物の内容を知っていた事にも納得がいく気はした。


「なるほど。そういう可能性はあるわね」

「あと多分だけど、落とし物を拾ってくれたのもその先輩だと思う」

「どうして?」

「だって、お姉ちゃんが用務員室へ向かっている時、その先輩らしき人が用務員室前に来たんでしょ?」

「うーん……ちょっと距離があったから、はっきりと先輩だったかは分からないけどね」


 私は結構視力が悪い。普段はコンタクトをしているけど、それでも視力は大して上がらないから、見た人が先輩だと断言するのは難しい。


「きっとお姉ちゃんが探している物が分かったから、探してくれてたんだと思うよ?」


 由梨はにっこりと微笑みながらそう言う。

 最初は私もそうかなとは思った。だけど先輩の性格を考えると、見つけたら直接私のところへ持って来そうな気がした。


「でもね、由梨。先輩ならきっと、見つけたら私に直接持って来てくれると思うんだよね」

「それは多分、お姉ちゃんが探し物の事を知られたくない――って思ってたのが分かってたからじゃないかな?」


 その言葉を聞いた私は、思わずはっとしてしまった。

 確かに私は、先輩に対してそんな風に思われる態度をとっていたから。もしも由梨の言う事が本当だとしたら、私は先輩にとても悪い事をしてしまった事になる。


「私、先輩に悪い事しちゃったのかな?」

「そう思うなら、その先輩にちゃんと謝らなくちゃね。お姉ちゃん」


 由梨はそう言うと、にこやかな笑顔を浮かべながら静かに部屋を出て行った。

 私はすぐに机の上に置いていた携帯を手に持ち、先輩への連絡先を表示させる。そしてそのまますぐに電話をかけて謝ろうと思ったけど、先輩へ通話するかどうかの表示を出した私の指は、そこでピタリと止まった。


「……直接謝るべきだよね」


 電話で謝ろうと思ったけど、私はそれを止めた。やっぱりこういう事は、直接本人を前にして言うべきだと思ったから。

 そう思った私は表示を元に戻してから携帯を机の上に置き、代わりにシールプリントの貼られた手帳を手に取って開いた。そこには先輩にぬいぐるみを貰った日に一緒に撮ったシールプリントが貼り付けてあって、私はそれを見ながら小さく微笑んだ。

 それにしても、由梨が言ってた事が本当だとしたら、先輩はかなりのおっちょこちょいって事になる。

 だって、せっかく私の為に探し物の事を内緒にしておいたのに、自分でその事をばらしちゃってるんだから。


「ふふっ。詰めが甘い先輩だなあ」


 私はそう言いながら、シールプリントに写る先輩を指でツンツンする。

 きっと今の私の顔を鏡に映したら、とんでもない事になっていると思う。


「お姉ちゃーん。一緒にお風呂に入ろうよー」

「はーい! 先に行っててー!」


 由梨の呼び掛けに答えた私は、再び手帳の先輩を見る。


「ありがとう。龍之介先輩」


 手帳の中の先輩に向かってお礼を言い、私はそれを机の上に置き直してから部屋を出た。そんな私の心は、お風呂に入ったあとの様にぽかぽかとしていた。それはきっと、先輩のおかげ。

 私は先輩への想いで心をぽかぽかとさせながら、由梨の待つお風呂場へと向かった。


 ――いつか先輩と二人で、この気持ちを共有できたらいいな♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます