第82話・訪れた運命の日

 熱狂に包まれた花嫁選抜コンテストが終わってから、今日でいよいよ六月最後の日曜日を迎えていた。


「すげえな……」


 お昼を少し過ぎたあたり。

 俺は学園長にコンテストをお願いしたデザイナーさんが指定したホテル前へと来ていた。地元から少し離れた場所にあるこのホテルは、世間でも三本の指に入るくらいに有名だ。

 大きく豪華な外観に圧倒されながらホテルの中へ入ると、その外観とは裏腹に、白を基調とした清潔で落ち着いた感じの内装が施されていて、非常に雰囲気が良い。

 とりあえずここへ来た目的を果たす為、俺は事前に聞いていたとおりにフロントでデザイナーさんからの伝言を聞き、指定された部屋へと向かった。


「――はーい!」


 指定された部屋の前に着いて扉をコンコンと叩くと、中からとても聞き慣れた声の返事が聞こえてきた。


「龍之介だけど、入っていいか?」

「あっ、龍ちゃん! いいよー、入って入ってー」


 その言葉を聞いた俺は、ゆっくりと部屋の扉を押し開けて中を覗き見る。

 そして覗き見た扉の向こう側には、美しい純白のウエディングドレスを纏って椅子に座る茜の姿があった。


「ほほう。これはなかなか……」

「どお? あまりの綺麗さに見惚れちゃった?」


 見に纏ったドレスを見ながら、茜がにこやかにそんな事を聞いてくる。

 コンテストの時に着ていたドレスもかなり良かったけど、こっちのドレスはまるで、茜の為に作られたかの様に良く似合っていた。はっきり言って綺麗だ。


「ああ。馬子にも衣装とはよく言ったもんだよな」

「んん!? どういう意味だー!?」


 俺より遥かに成績の良い茜が、この言葉の意味を知らないはずがない。とは言え、俺が口にしたその言葉が嘘なのは確かだ。

 しかし、そんな本心を素直に話してしまうほど、俺は愚か者じゃない。

 こちらの本心を知らない茜は、椅子に座ったままの状態で猛烈に抗議をしてくる。


「おいおい。そんなに暴れるとメイクさんに迷惑がかかるぞ」

「あっ、いけない。ごめんなさい」


 その言葉にはっとした茜は、隣で苦笑いを浮かべていたメイクさんに向かってすぐに頭を下げた。するとそのメイクさんは、『大丈夫よ』と言ってにこっと微笑んだ。

 そしてそのメイクさんはやって来た俺と茜に気を遣ってくれたのか、『ちょっと外しますね』と言い残して部屋を出て行った。


「気を遣わせちゃったみたいだな」

「そ、そうだね……」


 お互いに苦笑いをしながら顔を見合わせる。

 そして不意に訪れる沈黙の時間。

 そんな沈黙になんとなく気まずさを感じ、茜の居る方から視線を逸らす。


「ね、ねえ、龍ちゃん。こういう衣装って、やっぱり私には似合わないかな?」

「えっ?」


 その言葉に逸らしていた視線を再び茜の方へ向けると、なんだか元気なさげに言葉を続けた。


「やっぱりこういうのって、美月ちゃんとか杏子ちゃんみたいな可愛い子が着る方が似合うよね。私はあんまり女の子らしくないから……」

「どうしたんだよ。急に」

「ううん……何でもない」


 そう言ってちょっと弱々しい笑顔を向ける茜。

 それにしても、突然どうしたんだろうか。茜がこんな感じだと、こちらとしては拍子抜けしてしまう。

 もしかしてさっき言った、馬子にも衣装――ってのを気にしてるんだろうか。


「あー、あのさ、その……上手くは言えないけど、俺は似合ってると思うぞ。そのウエディングドレス」

「本当に?」

「ああ、本当だよ。すげえ似合ってると思うよ……」


 やや戸惑いはあったが、小さく自分が思っていた事を口にした。

 しかし、自分が口にした言葉の恥ずかしさに、顔や身体が急速に熱くなっていくのを感じてしまう。


「えっ!? 今何て言ったの? 聞こえなかったからもう一度言って」

「こ、こんな恥ずかしい事を二度も言うかよっ!」

「ねえ、お願い。もう一度言ってよ!」

「やだよ!」

「えーっ! 龍ちゃんのケチッ!」


 口先を尖らせながら文句を言う茜を見ていると、ようやくいつもの調子を取り戻してきた様に感じる。


「そういえばさ、茜はこれから撮影なんだろ?」

「うん。十三時から式場で撮影って言ってたよ」

「十三時か、あと二十分くらいはあるな。どうだ? 緊張してないか?」

「んー、まったく緊張してないとは言えないけど、コンテストの時に比べたら大丈夫かな」

「まあ、コンテストの時みたいに大人数が見てるわけじゃないしな。でも、いざ撮影になってガチガチになっても、今度はコンテストの時みたいに助けられないからな?」

「えっ? 今度は――って……私、コンテストで龍ちゃんに助けてもらったっけ?」


 コイツはコンテストの時、俺を大いに笑い飛ばした事をもう忘れたのだろうか。こんな事なら、やっぱりファミレスメニューのフルコースを要求してやればよかった。


「はあっ……まあいいや。そういえばさ、茜の好きな人が結構昔から居たってのはビックリだったな」

「えっ!? そ、そう?」

「ああ。茜との付き合いも長いけど、そんな話は聞いた事もなかったしな。ところで……相手は誰なんだ? 俺の知ってる奴か?」


 俺はニヤリと笑みを浮かべながら、茜を見据えてそう尋ねる。

 すると茜はその質問に顔を紅くしながらそっぽを向いた。


「そ、そんな事、龍ちゃんに言えるわけないじゃない……」

「どうしてだよ? 別に聞いたからって、からかったりしないぜ? むしろ知ってる奴なら協力してやるよ」

「だーめっ! 今は絶対に龍ちゃんには教えないもん!」


 頑なに意中の人を明かすのを拒否する茜だが、俺ってそんなに信用が無いのだろうか。


「まあいいさ。さて、俺はちょっとトイレに行って来るわ」

「……龍ちゃん!」


 トイレへ行く為に出入口の方へと向かって歩き、扉を開けようとドアノブに手をかけた瞬間、後方に居る茜が不意に大きな声で俺の名前を呼んだ。


「何だよ。急に大きな声を出してさ」

「あ、あのね、今は教えられないけど、いつかきっと龍ちゃんには教えるから。だからその時は……ちゃんと話を聞いてくれるかな?」

「ああ、分かったよ。いつでも聞いてやる」

「うん。ありがとう、龍ちゃん」

「おう」


 にこやかな笑顔を浮かべる茜を見た俺は、握ったノブを下げて扉を開け、トイレへと向かった。

 こうしてトイレから戻った俺は、茜が撮影に行くのを見届けたあと、フロントで聞いたデザイナーさんの伝言どおりに次の部屋へと向かった。


「おっ、ようやく来たか」


 目的の部屋へと着いて扉を開けると、中にはデニム生地のホットパンツに白のTシャツ姿の、とてもラフな格好をした宮下先生が居た。なんと言うか、あまりにも場違いな格好だとは思うけど、普通に似合っているから文句の言いようもない。

 それにしても、普段は白衣を着ているからよく分からなかったけど、初めて見た宮下先生の身体のラインはかなりスレンダーだった。


「ん? どうした?」

「あっ、いいえ、何でもないです。それよりも、何で宮下先生がここに?」

「私には今回の件を最後まで見届ける義務がある。責任者だからな。だからこうして様子を見に来たのさ」

「そう言えばそうでしたね。納得しました」

「君もこれから衣装に着替えるのだろう?」

「まあ、そういう事になるんでしょうね」


 部屋の中には新郎用の衣装として、定番のタキシードが色違いで数着、衣装掛けに並べ掛けられていた。


「今日はとても大事な日だ。君も気合を入れて臨みたまえ」

「はい。でも、本当に俺なんかでいいんですかね……」


 俺は今日、優勝者のご指名によってパンフレットに載る撮影の相手役としてここに来ているんだけど、優勝者に相手役としてご指名されてからずっと、俺なんかでいいんだろうか――と、ちょっと悩んでいた。


「もちろんいいに決まっているではないか。君を選んだのは紛れもなく、コンテスト優勝者なのだから」

「それはそうですけど……」

「まあ、理由はどうあれ、君を選んだという事実は変わらないんだ。君は余計な事を考えず、相手のご指名に対して全力を尽くす事が大事なのではないかね?」


 宮下先生にそう言われ、俺は確かにそのとおりかもと思った。

 みんな頑張ってコンテストを乗り越え、こうして今日という日を迎えているんだから、ご指名を受けた俺がそれに報いるのは当然だとは思う。


「分かりました。今日は全力で頑張ります」

「うむ。それでいい。ところで、他の面子の撮影は終わったのか?」

「さあ? どうなんでしょうか。時間をずらして撮影しているとは聞いてますけど」

「そうか。それでは少し様子を見て来るとしよう」


 宮下先生はそう言うと、軽く手を振ってから部屋を出て行く。

 本来はコンテスト優勝者と、その優勝者にご指名を受けた者しかパンフレットには載れないはずだったのだが、モデルの依頼をしたデザイナーさんの計らいで、コンテストに参加していた優勝者以外の四人も撮影を行う事になった。

 それはコンテスト当日。学園長に依頼をしていたデザイナーさんも、こっそりと仕事の合間にコンテストの様子を見に来ていたらしく、出場していた五人を見ていてインスピレーションが湧いたとかで、コンテストのあとに他の四人もドレスのモデルに使いたいと学園側に申し出てきたらしい。

 と言う訳で、コンテストに出場した五人は時間をずらしてこのホテルに集められ、それぞれ個別で撮影をしていると聞いている。


「さてと。俺も頑張らなきゃな」


 宮下先生が部屋を出て行ってから十分くらいが経った頃。俺の居る部屋にもメイクさんがやって来た。今はこういった撮影の際には、男性でもちゃんとしたメイクさんをつけるのが普通らしい。

 俺はやって来たメイクさんの手入れを受けながら、コンテスト優勝者の相手役をしっかりと務める為の心の準備を始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます