二年生編・花嫁選抜コンテスト

第63話・夢と憧れ

 暦も六月へと移り変わり、いよいよ明日にでも梅雨入りしそうな気配を見せ始めていたある日の午後。

 全校生徒が集まる大きな体育館内は、にわかに活気付いていた。

 そして体育館内へと集まった生徒達の視線は、体育館の奥にあるステージに向けられている。

 そのステージに向けられている生徒達の眼差しは人によって様々で、それは例えるなら、憧れであったり希望の様なものであったりと、そう言ったものだ。まあ、そういった熱い視線を向けているのは、主に女子達だろう。

 それが証拠に、俺のすぐ近くに居る茜と美月さんも、その他多くの女子達と同様に、ステージ上を見ながら恍惚こうこつにも似た表情を浮かべている。


「綺麗だなあ……」

「本当ですね……」

「やっぱり女子はこういうの好きなんだろうな。なあ、まひろ」


 そう言って後ろに居るまひろに声をかけると、まひろはその問いかけに反応する事なく、他の女子達と同じ様にステージ上をじっと見つめていた。

 俺はそんなまひろの目の前に手をやり、ブンブンと手を横に振ってみる。するとまひろは、はっとした表情をしてからこちらを見た。


「あっ、どうかしたの?」

「いや、別にどうしたって訳じゃないけど、あれに見惚れてたのか?」


 そう言ってステージを指差すと、まひろは少し顔を紅くしながら小さくコクンと頷いた。今日も今日とて、まひろの可愛さは最初からMAX状態だ。

 そんなまひろを少し微笑ましく思いながら、ステージでスポットライトを浴びているウエディングドレスの数々へと視線を移す。きっとあの純白のドレスには、女子達の果てしなき夢や希望が詰まっているんだろう。

 ところで、なぜウエディングドレスがこの学園の体育館にあるのかと言うと、この学園の理事長がとある有名なデザイナーと知り合いらしく、そのデザイナーから、『ウエディングドレスのモデルを学園の生徒から募集したい』とのお願いを受けたかららしい。

 噂によると理事長はそのお願いを快諾かいだくしたらしく、それに伴ってモデルを集める為に、こうやって実際のドレスを見せて女子生徒の熱気を煽り、モデル候補が集まりやすくしているみたいだった。

 こうして一通りドレスのお披露目が終わったあとで教室へと戻った俺達は、ウエディングドレスのモデル募集についての説明を担任の先生から受けていた。

 俺は配られたモデル募集の要項が載ったプリントに、ゆっくりと目をとおす。はっきり言って男の俺にはまったく関係の無い事だが、どんな事でもイベント事というのは面白いもので、二週間後に行われる『花嫁選抜コンテスト』がちょっと楽しみでもあった。

 それにしても、このプリントを見ていると、結構いい加減な募集内容だよな――と思ってしまう。なぜかと言うと、『男でもドレスを着るに相応しい愛らしさを持っていればOK!』などと書いてあるからだ。

 こんな内容を見れば、誰だってそんな風に思うのが普通だろう。どう考えたって、男にウエディングドレスが似合うはずはないんだから。

 仮にそんな事を可能にする男が居たら、是非とも見てみたいもんだ。そんな奇跡の様な男が存在するなら。


「ちょっと楽しみだね」


 俺の右隣の席に居るまひろが、小さな声でにこやかにそう言ってきた。

 そしてその時、俺はある重大な事実に気付いてはっとした。


 ――居たわ。不可能を可能にする逸材が……。


 俺はまひろという奇跡の存在が居た事を思い出す。

 そして俺はさっき体育館で見たドレスの数々を思い出し、それをまひろが着ている様を想像した。


 ――Excellent《エクセレント》!!


 その姿を想像した俺は、脳内に存在する花嫁姿のまひろに向かって拍手喝采はくしゅかっさいを送った。

 もしも俺の脳内に存在する花嫁姿のまひろを現実に投影できたなら、この学園中の人間がスタンディングオベーションをしてくれる事は間違い無いだろう。


「龍之介? どうかしたの?」

「えっ? あ、いや、何でもないよ」


 ――危ない危ない……。


 最近、俺のまひろに対する妄想力が着実にレベルアップしてきている。我ながら困ったもんだ。

 そんな妄想をしていた俺を不思議そうに見ていたまひろが可愛らしく小首を傾げたあと、俺は再びプリントに視線を戻す。

 このあと、一通りの説明を先生がしてからホームルームが終わると、教室内は花嫁選抜コンテストの話題で持ちきりになった。

 コンテストは自薦他薦どちらも有りなので、端的に言えば、この学園に居る女子生徒が全員応募してもいいわけだ。

 しかしまあ、まずそんな事にはならないだろう。なぜなら既に視界に入る範囲だけでも、女子同士の牽制の様なものが始まっているからだ。

 それは例えるなら、『〇〇ちゃん、凄く可愛いんだからコンテストに出てみなよ』、『えーっ! そんな事ないよ。〇〇ちゃんの方が可愛いんだから、絶対に出た方がいいよ。私、応援するから!』、『えっー!? 本当に? 〇〇ちゃんがそこまで言うなら出てみよっかな』的な事だ。

 女子というのは実にしたたかな生き物であると、男である俺はしみじみとそう感じる。


「龍之介さんは誰かを推薦したりするんですか?」


 前の席に座る美月さんが振り向いてそう尋ねてきたが、俺は即座に頭を左右に振った。


「いいや。特にそんな予定は無いよ」

「龍ちゃんは誰も推薦しないんだね」


 右斜め前の席からこちらを振り向いた茜が、なぜか残念そうにそんな事を言う。


「まあ、自主的にそんな事をしなくても、十分に楽しめそうだしな」

「龍之介さんは私のウエディングドレス姿、見てみたいですか?」


 そう聞かれた俺は、花嫁衣裳を着た美月さんの姿を想像してみる。


 ――Хорошо《ハラショー》!!


 思わず心の中でロシア語が飛び出す程に、素晴らしい美月さんの花嫁姿が脳内に浮かんだ。


「そうだね。見てみたいかも」

「りゅ、龍ちゃん! 私は!? 私のはどう? 見てみたい!?」


 美月さんにそう言ったからかは分からないけど、茜はそう言いながら勢い良く迫って来た。正直、鬼気迫る表情をしていて怖い。


「お、落ち着け茜! 見てみたい! 見てみたいって!」


 胸元を両手で掴まれてグラグラと揺さぶられた俺は、それを止めさせる為にそう言うしかなった。

 しかしまあ、茜はそれで納得してくれたらしく、『そうなんだね!』と言って満面の笑顔を浮かべながら掴んでいた両手を放してくれた。


「でも、やっぱり人前に出るのは恥ずかしいよね」

「そうですね」


 茜と美月さんは顔を見合わせながら苦笑いをしていた。

 この様子だと、二人が自らコンテストに参加すると言い始める事は無いだろう。


「あっ、お兄ちゃーん!」


 二人の様子を見ながらそんな事を思っていると、なぜか一年生の杏子が元気に教室へと入って来た。そのにこにこした表情を見ていると、なんだか嫌な予感がしてくる。


「どうした杏子? こんな所まで来て」

「花嫁選抜コンテストについての新情報を持って来たの」


 流石は我が妹と言うべきか、やはりこういうイベント事には積極的だ。


 ――まったく。いったい誰に似たんだか。


「ふーん。で? その情報ってのは?」

「あのね、コンテストに優勝した人は、好きな相手とドレスの宣伝用パンフレットに載る事ができるんだって!」


 杏子の持って来た情報が本当なら、それは男子にとっても嬉しい話になるだろう。上手くいけばウエディングドレスを着た好きな相手とパンフレットに載れるわけだし、カップルが多いこの学園には、おあつらえ向きのご褒美内容だと思う。

 そんな事を思いながら周囲に視線を向けると、杏子が言った内容がみんなに聞こえたのか、クラスの男子がざわめき始め、女子の目の色も変わった様に見えた。


「それでね、お兄ちゃん。私もコンテストに参加する事にしたから。あっ、もしも優勝できたらちゃんとお兄ちゃんを選ぶから、そこは安心してね。それじゃあ」

「お、おいおいっ!?」


 杏子はそれだけ言い残すと、まるでスキップでもするかの様にして軽やかに教室を出て行った。


 ――アイツはいったい何を考えてんだ? 例え優勝しても、ウエディングドレスを着た妹とタキシードを着た兄貴が並んで写るなんて、いくらなんでもヤバ過ぎだろうが。


「杏子ちゃん、張り切ってたね」

「アイツはこういったイベントが好きだからな……」


 苦笑いを浮かべながらまひろと話をしていると、近くに居た茜と美月さんが何やら小さくボソボソと呟いていた。


「二人共、どうかした?」


 その声にはっとした様子の二人が、同時に俺を見る。


「龍之介さん! 私、コンテストに出ます!」

「わ、私もコンテストに出るよっ! 龍ちゃん!」

「えっ? ええっ!? いきなりどうしたのさ?」

「せっかくのイベントなんですから、楽しんでみようと思ったんですよ」

「杏子ちゃんも楽しもうとしているみたいだし、私もそうしようかなーと思っただけよ」

「そ、そうなんだ……」


 女子のこういった急な心境変化は、未だに俺にはよく分からない。

 俺は目の前で気合を入れている二人を見ながら、どうしたものかと溜息を吐く。このコンテスト、面倒な事にならなければいいなと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます