第2部 第14話③「キングスライムキャッスル第二階層 その①」

5


約200段の階段を上り、二階へと到着する。

するとそこには、先程の一階と同じような光景が広がっていた。

……しかし、少しだけ違うところがあった。

入口と、階段のある方向が逆で、一階でキングスライムがいた通路には石が敷き詰められ、更には一階では階段があったはずの場所に、なぜか、大きな岩もめり込んでいるのだ。

あれじゃあ岩が邪魔で、三階に行けないじゃないか!

……まあ、一旦その事は置いといて。

キングスライムはどこに居るんだろう。

一階で出てきた通路には石が敷き詰められているし、そこから出てくることはないだろう。

つまり、他の場所に潜んでいる可能性が高い訳だ。

僕は周りを見渡し、その他の一階と異なる場所がないか確認する。

とくに、異常は無いのかな?

……ん? あんな所に宝箱なんてあったっけ?

部屋の隅に、宝箱が3つ置いてある。

……あからさまに怪しいその箱に、僕は近付いた。

そして、手前の箱を開ける――……。


「ほら、やっぱりな。」


その中には、黄緑色……というよりはライムグリーン色のキングスライムが凝縮されて、入っていた。


6


一階のキングスライムは……。

たしか、少し濃いめの水色だったはず。

これがライムグリーン色だということは、何かしらあのスライムとは異なる性質があるのではないだろうか。

……僕たちはとりあえず、後ろに下がり、戦闘配置についた。

キングスライムはノロノロ、ゆっくりと、音を立てずに、宝箱から這い上がってきて……。

ベチャッと音を立てて、床に落ちる。

そして外に出終わると――……。

ボンッ! という効果音を付けた方が分かりやすいだろうか。

一瞬でその凝縮されていた体は膨張した。

「全員……。攻撃開始ーーっ!」

僕のそんな声で、キングスライムとの戦いは始まった。

HPは前のと同じく100000以上。

僕たちはキングスライムに向かって一方的に攻撃をし始めた。

だが向こうからは一切攻撃してくる気配がない。

……っていうか結衣奈の攻撃当たってんのか?

そして、キングスライムのHPが、60000前後になったとき。

キングスライムは、大きく息を吸い上げ……。

「また、あの攻撃か。」

一階のキングスライムのようにまた、体液を吐いた。

僕はそれを、何気なくかわした。

すると。

「シュー。」

なんだか後ろから音がする。

僕は気になって振り向いた。

僕は驚いた。

何故かって?

だって、壁の体液の当たった部分だけが、円い穴が開いて、溶けて無くなってたんだから。

……それはともかく、この状況、一体どうしよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます