薄明光線

僕が秋を予感したのは

雲の隙間から射す光

薄明光線というその光は

色々な名前で呼ばれているらしい

僕は天使の梯子として覚えていた

天使達が涼しい空気が入った袋を抱えて

梯子で降りてくるイメージ


宮沢賢治は光のパイプオルガンと

呼んだみたいだけど

じゃあ僕は光のハープシコードだ

なんて思ったりして

でもあれ、ハープシコードじゃないか

ハープシコードはチェンバロのことで

チェンバロは僕の好きな楽器だけど

あの光とは違う

ああ、僕が思い浮かべたのはハープか

光のハープ

ちょっと短くて語呂が悪いかな

光の竪琴

日本語にした方がまだ良いかな

でも、光のパイプオルガンには

とても敵わないな

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る