[完]リハビリ・クエスト ~パーティ―で生き残った寄せ集めの俺達~

☆タイトル「リハビリ・クエスト ~パーティ―で生き残った寄せ集めの俺達~」


☆作者名「六畳のえる」


☆作品リンク

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886072646


☆あらすじ(原作より引用)

グルネス王国の南東端にある「ハウス」 ここには、他のパーティ―メンバーを異形「アラトリー」に殺され、1人だけ生き残ったメンバーが集まって暮らしていた。

その中でも、特に年長者が4人。


"制限内の規格外"≪ストレンジ・ストリング≫ のオリヴェル

"不可視の法術"≪ダブル・インビジブル≫ のアイナ

"血の無い所に煙は立たぬ"≪スモーク・オン・ザ・ブレード≫ のマティウス

"抜き打ちで打ち抜き"≪ハロー・ラピッドファイア≫ のギアーシュ



傷を癒すために、冒険を忘れ、料理をして、釣りをして、家族同然で楽しく過ごす。

その日々は、かつての上司、宮廷直轄の討伐局長官、トーヴァがハウスに訪れたことで、静かに崩れだす……。



☆作者評

過去にパーティーで1人だけ生き残ったという冒険者がいる。そんな冒険者が集まって心の傷を癒す場所「ハウス」があった。ハウスで暮らす中でも年長者、2年~3年もの間ハウスで療養していたのが主人公達4人。


過去に仲間を無くしていることもあり、主人公達は皆トラウマを抱えています。二つ名を持つ冒険者ではありますが、それぞれに欠点があります。そんな寄せ集めの彼らがとある事情から、共に冒険をすることになりました。


冒険で蘇る過去の思い出、トラウマ。自らの欠点を痛感することもあります。命のやり取りを前に声を荒らげることがありました、過去の記憶に苦しむことがありました。それでも彼らは過去と向き合いながら、苦しみながら、前へと進んでいきます。


彼らの冒険がどのような結末を迎えるのか。今後どのような試練が待ち受けるのか。ドキドキハラハラしながらも時折クスッと笑う所もある、主人公の心理的葛藤を描いた作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る