採取はゲームの基本です!! ~採取道具でだって戦えます~

一色 遥

第1章 新しい世界と出会い

第1話 ログイン

 ――このゲームは、努力を決して、裏切らない。


 何の気なしにみていたテレビに流れる、とあるゲームCM。

 その最後に流れた、たった一言に、僕は引き込まれてしまったんだ。


 ――VRMMORPG<Life Game>


 VR技術を使った、初の大規模多人数型オンラインゲーム。

 少し調べてみるだけでも、その前評判の高さがわかるほどで、むしろなんで僕は知らなかったのか、自分でも不思議になるくらいだった。


 <Life Game>という名前からわかる通り、コンセプトは「もう一つの人生」。

 それは、ゲームシステムからもよくわかる。

 なぜなら、RPGお決まりのステータスやスキルが、自分の行動で変わっていくらしい。

 しかも努力すれば、既存のスキルじゃない、自分だけの新しいスキルを作り出すことだってできるみたいだ。


「ここなら、僕がやりたいことが……、見つかるのかもしれない」


 ただ時間を潰すように、日々を過ごすことしかできない僕が……、本気になれることを見つけられるかもしれない。

 そう思うと、いてもたってもいられなくて、パッケージ予約開始日を調べて、カレンダーに印を付けたり、アラームをセットしたり……。


 その甲斐あってか、数ヵ月後、なんとか正規パッケージを手にいれることができた。


「今日の朝10時から、オープン……!」


 前日の内に、ゲームのインストールを済ませておいたこともあり、あとは時間になるのを待つだけ。

 僕が知るよりも前にクローズドβテストがあったみたいだけど、あえてシステム以外の情報は調べていない。

 全力で、やれることを探していくために、プレイ情報はみないことにしたからだ。


「きた! 時間だ!」


 時計の針が時間になったのを確認した直後、僕はゲームの世界へと、ログインした。




『ゲーム内アバターの作成に入ります』


 男性とも、女性とも、どちらとも取れる声が脳内に響く。

 それと同時に、真っ暗だった僕の視界に光が差し、真っ白な部屋を映し出した。


 視界に写るのは、真っ白な部屋と、目の前に置かれた巨大な鏡。

 きっと、この鏡を見ながらアバターを弄っていくことになるんだろう。


『アバター作成は、脳内で想像していただければ、目の前の鏡に反映されます。注意点としましては、極端な変更、また性別の変更などは出来ません。可能上限に引っ掛かる場合は、上限で変化が止まりますので、ご了承ください』


 これはシステム情報に載っていたから、知っていたけれど……。

 想像したら変わるのはすごいなぁ……。

 そう思いつつ、上限一杯まで身長を伸ばしてみたり、縮めてみたり。

 面白いけど、なんだか違和感があるし、そのままで良いかな。


「ぁ、全部一緒だと知り合いとかいたら嫌だし……、髪の色と長さだけランダムにしよっと」


 ランダムと言っても範囲指定ができるので、指定しておけばスキンヘッドになったり、すごいロングになったりは防げる仕様になってる。

 なので、安心してランダム設定ができる。


「よしっと、アバター作成おーわりっ」


『アバターが確定であれば、初期スキル選択に入ります。よろしいですか?』

「大丈夫ですっ!」

『かしこまりました。では次に、初期スキル選択に移ります』


 そう聞こえた瞬間、目の前の鏡が消え去り、1つの本が中に浮かび上がる。


『本を開きながら、探したいスキルを想像していただくことで、初期スキルとして付けることが可能なスキルが表示されます。初期スキルは最大3つ付けることが可能です。また、確定するまでは変更も可能です』


 試しに本を開きながら、剣を想像すると……、本のページが勝手に捲られていき、とあるページで止まる。

 <剣術><鍛冶><危険察知>などなど……、見開きのページにスキルの名前と、簡単な説明が浮かび上がった。


「す、すごい……」


 ただ、剣と想像しただけなのに、剣を使った戦闘関係のスキルや、<鍛冶>なんかの生産スキルまで出てくるなんて……。

 けれど僕は、自分のやりたいことを探したいから……。

 少しだけ目を瞑り、本を閉じる。


「スキル選択、終わります」

『スキルが何も設定されていませんが、よろしいですか?』

「はい、大丈夫です」

『かしこまりました。それでは、これで初期設定をヲ、をわりマ……』

「ん……?」


 アナウンスの声が、妙な音に聞こえた気がして、首を傾げた直後、僕の視界で光が弾ける。

 その眩しさに、僕は思わず目を閉じた。




「――さん。お嬢さん。もう、目を開けても大丈夫だぞ」


 右側から聞こえた声に、閉じていた目をゆっくりと開ける。

 視界に見えるのは、いろんな人たちが行き来する、活気溢れる町並み。

 剣を腰に差した人が歩く度、鉄と鉄が擦れる音が鳴り、馬の鳴き声も遠くから聞こえた。


「すごい……」


 それ以外に、言葉がまったく出てこない。


「すごいよな……。これがゲームだなんて言われても、まったく信じれないぞ」


 僕の声に反応するように、右横から声が聞こえた。

 そういえば、さっきも同じ声が聞こえた気がする。

 そう思って、声のした方に顔を向ければ、相手もその動きに気付いたのか、顔をこちらに向けてきた。


「うわ、イケメン……」

「ははっ、その様子じゃもう大丈夫そうだな。俺の直後に転移してきたのに、まったく動かなかったから心配だったんだ」

「あ、そうなんですね……。ご心配お掛け致しました……」


 そう言いながら、男性に軽く頭を下げる。


「いや、気にしなくていい。ネットとはいえ、女の子が1人で動かないのも危ないしな。それで声をかけさせてもらっただけだ。特別なにかしたわけじゃない」

「ありがとうございます……。ん……?」


 今なんだか、スルーしてはいけないことを言われたような……。


「あの……」

「ん? なんだ?」

「今、僕のこと……、女の子って言いました……?」


 僕の記憶が正しければ、今のアバターは現実の僕とほとんど変わらないはず。

 つまり、最近は身長も伸びて、男らしくなった僕のはずだ。

 まぁ、昔は背も小さくて童顔だったから、女の子に間違われることもあったけど、今はそんなこともないはずだし……。


「あぁ……。何て呼べばいいかわからなくてな。ひとまず見た感じで女の子って言ったんだが……、もしかしてランダム設定とかで身長が低くなってて、実年齢より若くなってるのかもしれんな」


 そう言いながら、男性は腰に差してた剣を抜いて、僕の前へとかざす。

 使ってもいない新品の剣は、まだまだ全然綺麗で、まるで鏡みたいに僕の姿を映してくれた。


 薄紅の髪を背中まで伸ばした、ちょっと発育が足りないけれど、とても可愛らしい女の子の姿を。




---------------------------------------------


名前:アキ

性別:女 ← NEW!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます