第8話

いつも違うわけじゃない。


目で追うのがいつもの同じになって

近くにいたい気持ちが同じになって

話していたい気持ちが同じになっていく。


時間が経つと、

「おなじ」が増えていく。


海が恋しかったはずなのに。

今じゃ雪の寒さが愛おしい。



刻々と時間が過ぎてくたびに思う。

先輩の頭の中も…











私で埋まればいいのに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます