提燈

作者 和史

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 提燈へのコメント

    金杯や銀杯などは、遺族に送られることがあった品だと、ネットで調べて知りました。
    送られるということは、そのひとは亡くなったということで。
    もう忘れなさいと、伝えたのだなと。

    わたしには書けそうにない文体と内容と雰囲気に、正座して(気持ち的に)読ませていただきました。
    これからも読ませていただくことができれば、幸いです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございますっっ(^^)

    読んでいただけるだけでもうれしのに、
    感想までいただけて、ありがたいかぎりです。
    まだペーペーなのでここでちょっとづつ
    修業できたらと思ってます。


    調べていただいたのですね(><)
    ちなみに金杯銀杯は生存者にも贈られますが、
    最後の一文の「消えていた」ということで、
    瀬夏さんが感じていただけたように、
    亡くなった人なのだよ、と。
    忘れたくないけど、前を向いていくには時には忘れる事も大事だよと。
    でも時々こうやって会いに来てくれるとうれしいかな、とか思ったり。


    時々軽い話も書きますが、
    またお目にかかれれば幸いです。
    その時はよろしくお願いします。
    ありがとうございました。


    2017年8月31日 18:23