怪談レポート

作者 久世 空気

すべてのエピソードへの応援コメント

  • №183へのコメント

    この展開は予想外でした

  • №182へのコメント

    実は呪具だけど、見た目は縁結びマスコットっぽいものってことでしょうか?他の人が拾ってなくてよかったなと。

    作者からの返信

    野暮ですが、本文がちょっと説明不足なので補足しますと、
    ストーカーになった元カノはお姉さんが彼の部屋から彼と一緒に出てくるところを見ていると予測されます。元カノから見れば「女が彼の部屋から出てきて、何かプレゼントしている」という場面を見ていることになります。お姉さんの手中ではありますが、元カノは忌々しいプレゼントを奪うことに成功し、それをどうしたか・・・・・・後は母猫さんのご想像通りだと。でも相手が何するかわからないので、もうちょっと慎重に行動した方がよかったかもしれませんね。お姉さんも腹が立っていたんでしょう。

    2020年12月26日 21:07

  • №2へのコメント

    なんだろう。ちょっと先輩がカッコいい。
    井出さんは今なお、先輩に1,000,000円返す気はあるんでしょうかね。

  • №174へのコメント

    お父さんは臭くなかったんですかね…

  • №158へのコメント

    ショタ趣味の…痴女⁉︎!

    作者からの返信

    除霊案件ではなく、通報案件だったか・・・・・・!

    2020年10月7日 22:21

  • №146へのコメント

    スタンド攻撃ですね。

  • №145へのコメント

    ツッコミ待ちですね。「志村、後ろ後ろ!」って言ってあげないと

  • №137へのコメント

    なぜお札を置いて帰るの〜!

  • №135へのコメント

    どう考えても覗いてる人達の方が怖いです

  • №119へのコメント

    怖いけど、息子さんのためにすぐ対応する両親の姿勢が素敵で安心します。

  • №133へのコメント

    いい話だわ〜。

  • №130へのコメント

    記憶の改竄…泣けます。

  • №129へのコメント

    辛い…辛すぎる

  • №121へのコメント

    幽霊って、成長するんですかね。 ふと思いました。

  • №116へのコメント

    死者のドッジボール‥赤川次郎の小説のタイトルみたいですね。もうおばさんどころじゃないですね

  • №112へのコメント

    いつの間にか増えてる系怖いですね〜!席次の違和感でゾクッとしちゃいました。

  • №111へのコメント

    道路の真ん中に不自然に残っている木とか、再開発された地域にポツンと残る定食屋とか、そういうのものでしょうかね。

  • №108へのコメント

    こういう「間一髪のところで助けに来る親戚」大好きです。今回も怖がらせていただきました。

  • №107へのコメント

    不倫でもしてたんじゃね……

  • №107へのコメント

    機嫌の悪いご主人が一番怖く感じました。

  • №101へのコメント

    こういう「実証されてないけどありえそうな話」大好きです。

  • №94へのコメント

    ちょっと面白い。

  • №6へのコメント

    なんかちょっとだけほっこりしたのは自分だけでしょうか( ´・∀・`)?

  • №104へのコメント

    呪詛返し?できちゃったってことなのかな…

  • №101へのコメント

    ヒィ〜!!
    mr.インクレディブル一家の血筋ですか?!

  • №100へのコメント

    100話、おめでとうございますm(__)m

    作者からの返信

    ありがとうございます(^▽^)/

    2019年5月29日 09:12

  • №100へのコメント

    100話おめでとうございます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2019年5月29日 09:13

  • №98へのコメント

    あちらに帰りたい、というオチが好きです。

  • №96へのコメント

    小さい時車に飛び込んで来た巨大醤油バッタを思い出しました。15センチ以上ありました。猫と思ったらカマキリとか嫌すぎる…

  • №95へのコメント

    静かな気味の悪さがあって面白かったです。

  • №95へのコメント

    何事もないかのように話し続けて最後の二段落で目を剥きました。あり得ないけどあり得そうでとても怖かったです。

  • №91へのコメント

    お母さんの薄ら笑いってそう言うことなのか……と最後の一行でぞわっとしてしまいました。

  • №90へのコメント

    尾宮さんの身にその時何が起きてたんだろう、それはいとこに何が起きてたのか、想像の余地がある一方で齟齬に鳥肌が立ちました。

  • №89へのコメント

    山には何かいるって聞きますよね

  • №88へのコメント

    怖いは怖いんですけどそれ以上にもの悲しさとか無念さを感じて涙が出そうです。

  • №87へのコメント

    ぐわあああ。おばあちゃん幽霊、ボケてたんでしょうか。
    行動がもう意味不明すぎて…。おばさんも一言おばあちゃんが出るよっていってくれれば…。

  • №86へのコメント

    怒りつつも待っててくれたお迎えめちゃくちゃハートフルだな……と思うと同時に終わったら連れて行くんだ……という無情さが両立してて良かったです。

  • №41へのコメント

    生きてる人間のたくましさみたいなのも垣間見えて少しほっとできる回でした。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2019年2月7日 18:08

  • №83へのコメント

    カモノハシ?

    作者からの返信

    だんだんそんな気がしてきました(笑)

    2019年2月7日 18:07

  • №1へのコメント

    それだけだ、で締めつつも本人にはきっと重たい何かがあったのだろうな……と想像してちょっとだけひやりとした気持ちになりました。

  • №29へのコメント

    最後の2パラグラフまでがとても怖いです。

  • №27へのコメント

    龍や寅の時がやはり気になりますね。寅は猫が来るとしても龍は、、、?
    コタツが誤配送されるとか?

    作者からの返信

    たくさんコメントありがとうございます。
    №27に関しては私はタツノオトシゴが家に放り込まれるイメージでした(笑)コタツ、いいですね!

    2018年12月15日 14:55

  • №24へのコメント

    なんとなく京都をイメージしてしまいました。
    児ポがらみ怖い!

  • №22へのコメント

    うわー!カビはやだなあ。しかも人型。
    色々想像しちゃいますね。