第6話 飴玉

僕の可愛い彼女…愛おしい。


カラコロ…カラコロ…小さい口に大きな飴玉を放り込んで舐めている。

口が小さいのか、飴玉が大きいのか、歯に当たってカラコロ…カラコロ…子気味いい音がする。

「ん、コレ、後は舐めて」

僕の口に小さくなった飴玉を押し込む。

そして、新しい飴玉を舐めはじめる。

小さくなると、僕の口に押し込む。

「なぜ?最後まで食べないの?」

「ん~、なんかね~最後まで食べちゃうと、カロリー全部、摂取しちゃうじゃん、だから最後は食べないことにしてる~」

「新しいの舐めたら意味ないんじゃないの?」

「でも、最後まで食べてないから、全部食べるよりカロリー少ないはず~」


最後まで食べなければ、カロリーゼロとか言い出しそう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます