目に映るセカイ

作者 しちみ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 描かれているのはへのコメント

    すごく素敵な作品でした。
    温かさが感じられて、地の文から主人公の真摯な姿勢のようなものが感じられました。
    景色の違いを見た時、主人公がどう変わっていくのかなと、未来へのワクワク感を感じる、爽やかな読後感でした。

    作者からの返信

    >春日千夜さん

    コメントありがとうございます。

    あったかい話が書きたいね! と思いながら書いていたので、とても嬉しいです。自分以外の目に映る世界を知りながら、主人公が歩むこれからを楽しく想像していただけたらと思います。

    2019年7月27日 19:15

  • 描かれているのはへのコメント

    自分も絵が好きで「題名」を見て読みました。
    人それぞれ「同じ風景」を見ても見え方・感じ方が違いますね。
    子供の頃好きで描いていた絵(イラスト・油絵等)が大人になるにつれて人の評価を気にするようになり・・・。

    「技術的に上手な絵」より「その人に見える風景」「感じたモノ」のが表現された絵の方が素敵ですね。
    「その人にしか見えない風景」というんでしょうか?????
    自分もその絵が欲しくなりました(笑)

    「見えているモノがすべて」ではないと言う「作者からの返信」も読んでしまって「この短編のテーマ」に共感しました。

    これからも「短編」も書いてくださいね。


    作者からの返信

    >@xhidesatoさん

    お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    私も書き手として、自身が絵描きのはしくれであることを意識しながら書きました。
    なんにしてもそうですが、技術や知識が身について、その成果が人の目に触れるようになるほど、原点を忘れて評価を気にしてしまうものですよね。

    私の見えたものをそのまま描いたら、美術的には確実に突っこまれるという(笑)
    そう言う意味で、じゃっかん実話も含まれています。
    でも、そういうものの方が、かえって人の心を揺さぶる場合もあるのでしょう。

    余談ですが、私が自分で「その絵」を実践したら、ふだんの落書きと変わらないことになりました。あれ? やっぱり、屋外で描くべきだろうかと再チャレンジを検討中。

    短編は基本気まぐれ掲載ですが、また何かあれば書きますね。

    2017年6月14日 06:18 編集済

  • 描かれているのはへのコメント

    素敵なお話ですね。
    目に映る景色って同じなんだろうけど、
    見え方って人それなんですよね。

    視力とか背の高さで見え方は変わるし、
    その時の気持ちでも景色が明るく見えたり暗く見えたりする。
    そういう感覚を思い出しました。

    作者からの返信

    >れなさん

    コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおり、同じものを見ていても、その見え方は一人ひとり違いますよね。
    だから、自分が見えているものがすべてじゃないのです、きっと。……そんなことを思ったところから、書いた掌編でした。
    文章に込めた思いを読みとっていただけて嬉しいです。

    2017年6月8日 20:29