闕けたる月

朝日奈徹

第1話闕けたる月

 月神は深い溜息をついた。

 若い巫女の心ない言葉が、月神をずたずたに切りさいなんでいたのだった。

 どうしてあなたは姉神さまのように暖かくないのですか?

 なぜそんなに冷たいの?

 眸がじんわりと滲んでくる。

 何故、私は愛する者を満足させる事ができないのだろう。

 巫女たちは私の心がわかるという。

 けれども、私は巫女たちの心がわからない。

 ああ、姉上、どうして私はあなたのように、大地を温め、生き物をはぐくむ事ができないのでしょう。

 私には大きく闕けたところがあるのだ。

 人の心を汲み取る事ができないのはそのせいなのだ。

 だから私の光は冷たい。

 天をあまねく照らす事ができても、いったい誰が私の光に感謝してくれるだろう。

 私の光は何も育てないのだから、ありがたがる者がいないのはあたりまえなのだ……。


 しばらく前、月神のやしろに若い巫女があげられた。

 若い巫女は熱誠にあふれ、月神に仕えることまことに熱心だった。

 月神は嬉しくなり、それはそれは巫女を可愛がっていたつもりだった。

 けれどもその気持ちは次第に当惑へと変わっていった。

「私のことを一番に思ってくれる?」

 月神は首を傾げる。

 社にいる巫女は、若い巫女ひとりではない。

 頭だった巫女がいる事は、若い巫女もわかっているはず。

 ただひとりだけを愛でる事などできないのに。

「こんなにあなたの事を崇めている私だもの。可愛がってね」

 可愛がっているではないか。

 けれども、だめだった。

 月神の態度が曖昧だったために、若い巫女は幾夜も枕を涙に濡らして眠る。

 そのことが、月神にはつらくてたまらない。

 だからといって、若い巫女を一番可愛がるなどと、おろそかに言える事ではなく、できる事でもない。

 そしてついに、若い巫女は激しい言葉を投げつけ始めた。

「そんな光でしか照らせないなら、いつも雲に隠れていたら! 冷たい光など何の役にも立たないじゃないの!」

 月神は退いた。

 いきなりそんな言葉を投げつけられるいわれなどない。

 なぜ、おまえはそんな言葉を吐くのだ?

 泣きじゃくりながら巫女は叫ぶ。

「私はこんなに、こんなに、あなたのことを崇め奉っているのに、あなたの光は姉神さまには及ばないのね。どうして?」

 どうして?

 月神は応える言葉を持っていない。

 若い巫女がひどい言葉を投げつけるたびに、月神の光は次第に、次第に、薄れていく。

 ついに月の鏡は真っ暗に曇ってしまい、一筋の光も投げかけなくなってしまった。


 大勢の者が、暗い夜を嘆いた。

 ああ、月神よ、月神よ。

 どうして光を投げかけてくれないのです?

 あなたの光がなければ、陽が暮れた後に道筋を辿ろうとしても辿れない。

 危険な森や野原に迷いこんでしまいます。


 社に集う巫女たちは、不安げに月神を見守った。

 月神の光が戻るように、皆で祈り、静かな舞を舞った。


 かの若い巫女は、ひとり離れて、嘆き悲しんでいた。

 ひどく傷つき、苦しんでいる。

 けれども月神にはなす術がない。


 月神は泣き濡れながら、姉神のもとを訪れた。

 ああ、姉神よ、陽の神よ。

 なぜ、私の光はあなたのようではないのだろう。

 私の光を喜ぶ者など、誰もいない。


 姉神はかぶりを振った。

 弟よ、それはあなたの心得違い。

 考えてもごらんなさい。

 もしもあなたの光が私の光と同じようであったなら、生き物は少しも休めなくなってしまう。

 大地は熱され続けて干上がり、生き物は皆、苦しみ悶える事になる。

 いつかは天地あめつち全てが燃え上がってしまうでしょう。


 月神はまだ得心しきれてはいなかったけれど、ようやく暗黒のとばりを開いた。

 一筋の光が若い巫女を照らす。

 ただ一筋であったし、相も変わらぬ冷たい光であったけれども、それは優しく巫女を照らした。

 若い巫女は弱々しく顔をあげた。

 月神は言葉を発することなく、ただ、若い巫女を照らす。


 やがて、若い巫女の振る神鈴が、しゃんしゃんと響き始めた。

 静かな舞が月神を讃える。

 社の巫女がひとりひとり、舞に加わっていくたびに、光は青く輝いた。

 冷たく青い光は、大地を鎮め、夜道を辿らねばならない人の行く手を銀色に照らし出す。

 月よ、月神よ、夜天をあまねく照らす神よ。

 若い巫女がそっとつぶやく。

「月神よ、あなたの光はそのままでいい。陽の神のように強くはないけど、私はこの光を愛しているの」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます