第40話 戦隊ヒーローだって修行くらいする3

「さぁ出てきなさいジャスティスファイブ!今日こそ決着をつけてあげる!」


いつもの採石場で1人の声が響き渡る。

声の主は悪の組織アクギャーク、四天王の1人レディ・ダークであった。

その格好は相変わらず胸元が大きく開いた黒いボンテージに黒いマスク、さらに今は右手に禍々しいムチを持っている。

何も知らない人が見ると「あっ、結構ハードなお店の娘かな?」と思われてしまうくらいアレな服装である。


「待たせたな!レディ・ダーク!」

「!・・・来たね・・・」

声のする方角を見るとそこには五人の人影が見える。

そう・・・彼らこそが

「最近行きつけのSM風俗店のスタンプカードが溜まった!ジャスティスレッド!」

「最近は街中での露出プレイがお気に入り!ジャスティスブルー!」

「炎上させたアカウントは100を超える!ジャスティスグリーン!」

「मैं महिलाओं की गंध के बारे में उत्साहित हूं।!न्याय का पीला!」

「最近のマイブームは触手怪人と寝ること!ジャスティスピンク!」


「俺たち!五人そろって!」


「「「「「ジャスティスファイブ!」」」」」


正義の使者、ジャスティスファイブなのだ!



「ククク・・・今日があなたたちの命日となるのよ!」

「今日の俺たちは一味違うぞ!」

「ああ・・・!あの血の滲むような修行で・・・・俺たちは強くなった・・・・」

「はい!今こそ修行の成果を見せるとき!」

「आप अच्छा गंध करते हैं।!」

「あたしたちの新しい力にびっくりしないでよね☆」


にらみ合う両者、緊迫する空気

運命の一戦が今始まる!




「ん?ちょっと待って?」

今から激闘が始まるその瞬間、レディ・ダークがタンマをかけた。

マスクがつけられていない口元を見るに、何か困惑した様子だ。

「一体なんだ!これから戦うって時に!」

レッドが語気を強めて言う。

「いや・・・アタシの気のせいかもしれないんだけど・・・なんか1人おかしくない?」

「こんな時に何を言ってるんだ!」

「フン・・・こんな時にふざけるとはずいぶんと余裕だな」

「ぼ、僕だって怒るときは怒りますよ!」

「मैं उत्साहित हूँ!」

「そんな余裕ぶって負けても知らないよ☆」



「いやイエロー日本語喋ってないって!!」

先ほどまでのシリアスな空気はどこへやら、ダークはすっかりツッコミに徹してしまった。

「ああなんだそんなことか」

「そんなことで済ますな!宿敵の1人が突然変な言葉喋ってたらそりゃ驚くわ!」

「変な言葉とは失礼ね!イエローはヒンディー語を喋っているだけよ!」

「もうヒンディー語でもアメリカ語でもなんでもいい!なんでそうなった!?気になって戦いに集中できない!」

ペースを完全に乱されたダークに対して、ジャスティスファイブの面々は平然としている。

「あれは一ヶ月前・・・更に強くなる覚悟をした俺たちはある人物の助言を受け、各々の長所を伸ばすことにした・・・」

「い、イエローは自分の長所であるカレーの修行をするためにインドへ行ってこうなりました・・・」

「え?こいつ正義の味方じゃなくてカレー屋なの?」

「ふふふ・・・でもその甲斐あってイエローも成長したのよ」

「・・・なんだと?」

ピンクの言葉にダークは反応した。

修行の目的はショボいが、インドと言えば神秘の国、強くなるきっかけのようなもは多く存在する。

こんなのでも正義の味方、何かがスイッチとなって成長する可能性も捨てきれない。

(もしコイツがそういう類の力に目覚めたら厄介ね・・・今のうちに情報を集めましょう・・・)

自分の目的を達するため、自分が何をすべきかを瞬時に考える。

一瞬ツッコミのスイッチが入ったとはいえ悪の幹部の1人、レディ・ダークは戦いとなればすぐに自分の意識を切り替えることができる。

「・・・へぇ・・・一体どう成長したのかしら?」

ダークは警戒されないようにするため、あくまで表情を崩さず自然に聞く。

そんなダークの思惑にも気づかずレッドは口を開く。


「聞いて驚くなよ!イエローはな・・・インドの修行によって・・・



ココ○チの5辛を食べれるようになったんだ!」

「修行の成果ショボいな!!」


自分の宿敵が「辛いものが食べれるようになった!」と自慢してきたらどのような気持ちになるのだろうか。

少なくとも喜びはしないだろう。

そんな複雑な感情に浸っていたダークに対しイエローは

「मैं तुम्हारा पसीना पीना चाहता हूँ」

「何言ってるかわからなのよ!」

「あ、今のは『あなたの汗を飲ませてください』って言ってます」

「すごく関係ないこと言ってた!」

良く分からないことを言っていた。



(まずい・・・こいつらのペースに巻き込まれている・・・このままじゃ巨大化したときの二の舞、それだけは避けなきゃ)

過去のトラウマを思い出したのか、再びダークはシリアスモードに入る。

「もういいわ・・・あんたたちの悪ふざけに付き合うのもこれまで!」

そう言い放つとダークは右手のムチを構える。

「っ!マズイ!アレはサディスティックウィップだ!」

ブルーが全員に警告を放つ・・・が

「もう遅い!」

遅かった。

ダークはその岩をも砕くムチを思いっきり振り切っていた。

ムチの先端がジャスティスファイブを襲う!


その瞬間だった。

「みんなは俺が守る!」

「レッド!」

前もって攻撃を察知していたレッドが他の4人の前に両手を広げて立ちふさがる!

「はあああああああああああああああああああ!」

レッドが雄叫びを発したの同時にムチが体に当たる。

ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!

辺りに響き渡る轟音、舞い上がる土煙。

「フン・・・あっけなかったわね」

ダークは決着を確信した、あの攻撃を受けて立っていられるわけがない。

土煙が消えれば倒れた五人が見えるはずだ。



ビュウ、と風が吹き土煙が吹き飛ばされる。

「なっ・・・!?」

ダークの予想は裏切られるものとなった。

なぜなら、レッドがしっかりと2本足で立っていたからだ。


「ばっ、バカな!?この前の戦いでは一撃で膝をつき、なぜかずっと股間を押さえていたはずだ!」

先ほどよりもダークは困惑した。

そう、以前の戦いではレッドはこの攻撃に手も足も出なかったのだ。(精子は出た)

だが目の前の男はあの攻撃を受けて立っている。


「言っただろ・・・今日の俺たちは一味違うってな!」

「一体どうやって・・・」

「単純な答えさ・・・厳しい修行を乗り越えて鍛え上げたこの体で受けきっただけだ!こんな攻撃で音を上げてたまるか!」

「くっ・・・この攻撃を耐えるだと・・・?どんな修行をしてきたのだと言うんだ!」

「・・・俺は仲間を守れる肉体を手に入れるため、一ヶ月間であらゆる攻撃を受け続けた・・・



SM嬢からのご褒美という攻撃をな!!!!」

「お前それ一ヶ月間SMプレイし続けただけじゃねぇかああああああああああああ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます