第10話-03(終) “う”の終焉を、我らは如何に見送るべきか?



 ドクター・ゲイナンは失意と混乱と恐怖とに頭の中を掻き乱され、ふらつきながら広間を逃げ出した。後ろにつきまとう助手の声も、もう彼には届かない。彼の耳を慰めるのは、広間から聞こえてくる血の宴の喧騒のみだ。

 それ見たことか。人間が“うつくしい乙女”を取り戻しに来たのだ。泣かせる話ではないか。力ではヴァンパイアに及ぶべくもない下等な動物が、同族を救うために命を賭して乗り込んできたのだ。腹の奥からなぜか笑いが込み上げた。手痛いしっぺ返しを喰らって、血に染まり、おおわらわのヴァンパイアども。万物の霊長ヴァンパイア族も、所詮はあの程度。

 思わず、笑いが零れた。その異様な形相に、助手は不安げな視線をくれる。

「あの、ドクター……」

「天敵だ」

「ドクター?」

「1000年前の大衰退は天敵がいた。天より舞い降りし古竜どもは……」

「ドクター!」

 悲痛な助手の呼びかけに、応えるものは狂気のみ。

「ヴァンパイアなど! 大自然の! 食物連鎖の! ひとつの部品にしか過ぎんと! 解らぬような愚か者ども! 

“うつくしい乙女”が護られるなら――ヴァンパイアなど滅びればいい!!」

「ドクター、それは間違いです!」

 哄笑こうしょうが城の冷たい石壁に飲み込まれていく。助手はとうとう足を止めた。ドクター・ゲイナンはひとりで行ってしまった。愛し、尊敬していた偉大なるひとが、闇の奥に消えてしまうのを、彼女はただ、見送ることしかできなかったのである。



     *



 カジュと少年少女たちは、首尾よく城から抜け出した。そこに牢を破ったヴィッシュが追い付き、少し遅れて陽動を切り上げた緋女ヒメが合流する。無事を祝う間もなく、3人は逃走を急いだが、歩みは遅々として進まない。なにせ何十と言う子供たち、それも色白で線の細い少年少女ばかりを引き連れている。そのうえこのあたりは岩地で、ただでさえ厳しい道のりなのだ。

 ――このままでは……

 ヴィッシュの額から焦りの汗が流れ落ちた。

 横で緋女ヒメが弾かれたように振り返る。鼻がひくひくと動き、その目が敵を察知して鋭く尖る。

「伏せろっ!」

 緋女ヒメが叫ぶが、子供たちは咄嗟とっさには動けない。そこへカジュの《鉄砲風》が飛び、突っ立っていた少女たちを無理やり吹き倒した。と、一瞬の差で飛来した無数の《火の矢》が彼らの頭上をかすめて過ぎる。

 ヴィッシュが小さく舌打ちする。

 ――追いつかれたか。

「危険な猛獣どもだ。ここで根絶やしにせねばならん」

 恐怖を誘う低音とともに、周囲の岩陰から、追っ手が姿を現した。ひとり、またひとり、行く手をさえぎり、あるいは逃げ道を塞ぎ、完全にこちらを包囲する敵の数は、ヴァンパイアだけで少なくとも30人。その他、猟犬やら魔鳥やらの怪物は、もはや数え切れないほど。

 ヴィッシュたち3人だけなら、切り抜けられないこともあるまい。だが、この子たちを護りきることは……

 ――どうする!?

 悩む時間を、敵は与えてくれなかった。

「行け! 殺せ!!」

 号令一下、敵が一斉に飛びかかろうとした――そのとき。



     *



 それらは、突如として顕現けんげんした。

 はじめにうたがあった。その声は遥か地の底から湧き上がるようでありながら、その実天空から雷雨のごとく降り注いだ。不気味、恐怖、畏怖、その他もろもろのいかなる概念、言語を以ってしても名状しがたき呻きであった。あるものはそれを醜い豚の声と聞いた。またあるものは無邪気な赤子の声と聞いた。そして別のものは、翻訳のしようもない言語、緻密ちみつに圧縮された意思そのものの塊として聞いたのである。

 次いで、空が裂けた。

 魔術をくするものたちは、耐え難い耳鳴りに苦しめられ、うずくまった。霊感を持たぬものたちでさえ、胸を押しつぶしそうなほどのばくたる不安を感じずにはいられなかった。

 そしてついに、が降臨した。

 ぱっくりと開いた空の裂け目を、節くれだった指で向こう側からこじ開けるようにして、そのものたちはい出した。大型帆船をみっつ繋いだよりも大きな紡錘状の胴体。細く伸びた首と、百あまりの目を持ついびつな頭。背には翼が生えていた――それが翼と呼べるなら。腕は6本。いずれも不ぞろいで、それぞれが好き勝手に戦慄わなないている。

 そんな姿をした、数え切れぬほどのものたちが、空を埋め尽くす威容。

 その場にいる誰もが、争うことも怯えることも忘れて空を見上げた。

「なんだ……あれは」

 ヴィッシュがぽつりと呟くと、カジュがそれに答える。

「……古竜ヴルム・アタウィル。」



     *



 古竜がいかなるものであるかについては、ここに記す術を持たない。なぜなら、有史以来、古竜に関するまともな記録はただのひとつも残ってはいないからである。

 ただ、不確かな伝承によれば、かつてヒトが始祖人オリジンであったころ、まだこの世に神がなかったころ、始祖人オリジンたちと共に世界に在ったのはヴルムばかりであったという。また別の伝承にはこうある。古の竜たちは神々と争い、ここならぬどこかへ放逐ほうちくされたのだと。

 こんなことを言うものもいる。古竜はただ家に引きこもっているだけだ。ときおり気まぐれにこちらへ現れ、ちょっと買い物でもするかのような気楽さで、我々の世界を滅茶苦茶めちゃくちゃにかき回していくのだ、と。

 そして今、古竜ヴルム・アタウィルたちはやってきた。まさにに。

『やはり、エゴラ用のタ=ミナイエの日は、“う”のつくものを食べるに限る』

 古竜たちの語り合う声は、不思議と下界のものたちにも聞き取れた。

『特に“ァンパイア”は最高だ』

『5万年前に比べて個体数は10分の1以下に減ってしまったが』

『もうすぐ絶滅するらしい』

『なら、今のうちにたっぷり食べておこうではないか』

 そして、殺戮さつりくが始まった。

 古竜が舞い降り、ヴァンパイアを飲み込んだ。ほんのひとくちで数十人もを持っていった。ヴァンパイアたちは悲鳴を挙げて反撃し、あるいは逃げ惑ったが、あらゆる肉体的な、あるいは魔術的な試みにも関わらず、全ては無駄に終わった。

 ひととおり近くのヴァンパイアを食べつくすと、古竜たちは魔界ドリームランド中に散らばっていった。ここにいる全てのヴァンパイアを残さず狩り尽くすために。

 その光景を、ドクター・ゲイナンは城の窓から見下ろしていた。彼は狂ったように笑い続けていた。嬉しかったのか、哀しかったのか、あるいはなんとも思っていなかったのか。自分でも判然としなかったが、それはすぐに、永久に分からぬこととなってしまった。彼も古竜の腹に収まったのである。



     *



 一方の人間たちは、恐るべき惨状を、ただ呆然と見守るばかりであった。古竜は、人間には興味を示さなかった。魚釣りにきた人間が、水辺の小虫になど目もくれないのと同じように。

 ヴィッシュはぽかんと口を開けて空を見上げ、ぽつりと、呟く。

「“”でも……よかったのか……」

 次の瞬間。

 ばくう!!

 横手から突っ込んできた古竜の一匹が、“”ィッシュを丸呑みにしてかっさらっていった。

「わー!! ヴィッシュ! ヴィッシュー!!」

 そして、大慌ての緋女ヒメを尻目に、古竜は暗い魔界の空へ昇っていったのである――



     *



 さて。

 言うまでもないことであるが、その翌年はガルヴェイラ用のデュグラディグドゥの日にあたる。超極上位者スーパー・スペリオル・オーヴァーロードォルフィードたちの間で、この日に“う”のつくものを食べる風習があることは、まことに有名である。

 そしてもちろん、彼/彼女/それらが最も好むのは、古竜ルム・アタウィルであった。

 その後の信頼できる記録によれば、この年、1億年ぶりに降臨した超極上位者スーパー・スペリオル・オーヴァーロードたちが「今のうちにしっかり食べておこう」とばかりに一生懸命捕食した結果、最後の一匹まで残らずすっかり食い尽くされ、ついに、古竜ヴルム・アタウィルは絶滅してしまったということである。




THE END.








■次回予告■


 話はカジュの学生時代、まだクルスが生きていた頃にさかのぼる。年に一度の祝祭を控え、クラスメイトたちが浮足立つ中、カジュはいらだちを隠せずにいた。そんな彼女を襲うふいうち――それは苦楽を共にした相棒からの、クリスマスデートの誘いであった。


 次回、「勇者の後始末人」

 外伝 “恋人に、メリークリスマス。”

 Merry Christmas For Lovers


乞う、ご期待。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます