全マシ。チートを貰った俺の領地経営勇者伝 -いつかはもふもふの国-

作者 遠野蜜柑

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話『俺を勇者と認めてください。』へのコメント

    わざわざ、そこまでして勇者として認められる必要性が全く理解できません。

  • 第55話『25歳はおじさんなのか?』へのコメント

    あたしゃ18の時に小学生からオジサン呼ばわりされてましたから タダシイヒョウゲンデス(号泣)

  • 第48話『スキルの名は』へのコメント

    うーん、あれだけ好き勝手やってて今更力押しはダメだ魔王と一緒だなんて言ってもねぇ……

  • 第48話『スキルの名は』へのコメント

    うーん、一回腐ったもんは戻らんのよ?
    勝てば官軍なのです!あの場で全員に真偽にかけて潰してしまわないとこれからの生活が面倒なだけなのに。
    クズは罪から逃れる術だけはレベルMaxデスヨ!

    二択を迫られたら、3番目を選ぶのです!

    作者からの返信

    まあ、今回はこういう選択だったということで……w

    2017年9月11日 20:55

  • 第47話『褒賞』へのコメント

    王達ざまー!

    作者からの返信

    最後にちょっとだけ意地を見せることができました

    2017年9月10日 19:13

  • 第47話『褒賞』へのコメント

    座高…やはりそっちだったか。

    まあ(最後の以外)正直あんまりスッキリしませんが、
    その内バカ共が一掃されるといいなぁ。

    作者からの返信

    スッキリするターンまで早く持っていきたいとこです

    今は雌伏のとき……

    2017年9月10日 19:11

  • 第46話『選択は二つに一つ』へのコメント

    いてまえ

    作者からの返信

    はやくやってしまいたい……ッ!

    2017年9月9日 17:14

  • 第46話『選択は二つに一つ』へのコメント

    勇者の皆は顔見知りですよね?

    作者からの返信

    とはいえ、転移直前に一度会っただけですからね……
    馬も合わない感じでしたし、彼らを頼るということはジローの頭にないと思われます

    2017年9月9日 17:13

  • 第46話『選択は二つに一つ』へのコメント

    領地を貰っても結局はデブの国ですからねぇ。
    国内から喰い破るのか独立するのか、はたまたゴリ押すのか。
    まぁ彼のことですから、やらかしてくれるに違いない。次回に期待です。

    作者からの返信

    やらかすターンを早く書いていきたいところです(*・ω・*)

    2017年9月9日 17:08

  • 第45話『ユリナール・ハルンケア8世』へのコメント

    次が楽しみです!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2017年9月7日 23:42

  • 第45話『ユリナール・ハルンケア8世』へのコメント

    いてまえ~

    作者からの返信

    ジローはぷんぷんですが、相手は一応国家のトップなので気軽にやっちまうとまずいこともあるかもという危惧……

    2017年9月7日 23:41

  • 第45話『ユリナール・ハルンケア8世』へのコメント

    まぁデブの王様が良い人間ってケースは殆どありませんからねぇ。
    やっちゃうと良い。

    作者からの返信

    権力者のデブは私腹を肥やしてる感じがするんでしょうかね…w
    果たしてどうなるか

    2017年9月7日 23:34

  • 第45話『ユリナール・ハルンケア8世』へのコメント

    お待ちしてました!

    王様デブの時点でギルティ。殺っちゃってー!

    作者からの返信

    デブはギルティにワロタw

    待たせてすいませぬ。

    2017年9月7日 23:30

  • 第44話『さあ行こう、王都へ』へのコメント

    待ってました!いやホントに。
    しかしジロー相変わらずだなw

    作者からの返信

    お待たせしてすいませんマジで(。-人-。)
    納得いかないシーンが三箇所ほどあって詰まってました。

    そこを飛ばしながら先は書いてたので、大きな修正箇所が見つからない限りしばらく更新は安泰です。

    2017年9月6日 21:06

  • 第18話『やっておしまいなさい!』へのコメント

    面白いのですが地の文で草を生やすのは個人的にどうかと・・・

    作者からの返信

    確かに小説の作法としてはよくないですよねぇ……
    他の作品では使ってないんですが(そのはず)、この作品は割と何でもありでいこうかなというコンセプトでやってます。

    2017年9月6日 20:56

  • 第43話『ドッタンバッタン大騒ぎ』へのコメント

    ツヅキマダカナ。。

    作者からの返信

    マタセテゴメンネ……

    2017年9月6日 20:53

  • 第43話『ドッタンバッタン大騒ぎ』へのコメント

    そもそも勇者召還って国をあげて行った行為じゃないの?
    とすると最高責任者は王様で、まずは王様が責任取るべきでは??

    それをデルフィーヌの父親に八つ当たりして、責任押し付けて処刑ってどーなのよ。
    まぁ、時代背景的には仕方ないことかもだけど、王様が気に食わん。

    でも小説は、すっっっげーおもろいッス♪

    作者からの返信

    感想ありがとうございます!
    そこらへんのヘイトをどう処理していくのか……
    先の展開で見て頂けたらと思います!

    2017年9月6日 20:52

  • 第4話『勇者の凱旋だ。違うかも』へのコメント

    その音とグルメシーンですね(笑)

    作者からの返信

    メシは筆力の問題で多分でません

    2017年7月9日 00:36

  • 第4話『勇者の凱旋だ。違うかも』へのコメント

    年間一位になれそうな音。笑

    作者からの返信

    ビュッ、ビュッ、ビュッ

    2017年7月9日 00:34

  • 第14話『ローズウィップのクレマンス』へのコメント

    久々にキレちまったぜwww
    ネタが光るw

    作者からの返信

    隙あらばネタのスタイル。
    でも、わからない人にも優しい設計を心がけてます。

    2017年7月9日 00:31

  • 第21話『厳しい立場』へのコメント

    最後の一行が最高ですw

    作者からの返信

    あくまでネタ……ですよ?w
    ネタです

    2017年7月9日 00:21

  • 第39話『包囲して殲滅するアレ』へのコメント

    なろう産だから知らない人多くて悲しい。そんな「最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~」はガガ◯文庫から好評発売中。

    作者からの返信

    他社の作品をコメントでしっかり宣伝していく模範的なろう民。
    すこだ……w

    2017年7月9日 00:19

  • 第35話『九割ほどで』へのコメント

    包囲殲滅陣は草。
    もっとスキル使ってホラホラ。

    作者からの返信

    これが、僕が描いた勝利の絵(*^^)v

    2017年7月9日 00:17

  • 第42話『やっちまったZE☆』へのコメント

    せめて聖なる雨にしましょうよ~
    聖なる水が降り注ぐって、なんかばっちいw

    作者からの返信

    ばっちいと思うその心がばっちぃのじゃよ(o´・ω・`o)

    2017年6月24日 02:41

  • 第42話『やっちまったZE☆』へのコメント

    なろうネタ大杉ィ!

    作者からの返信

    偶然だゾ☆

    2017年6月24日 02:40

  • 第1話『……『全マシ。』?』へのコメント

    おい!それってYO!大物YouTuberのネタじゃんか!アッアッアッアッ
    カチッ…カチッ…(フォローする音)

    作者からの返信

    ブロックする音じゃ……ないだと?

    心はイケメンでございます。
    よろしくお願いします。

    2017年6月20日 22:47

  • 第41話『素直に感謝です。』へのコメント

    ヒョロイカくん!頑張って加減して情報を引き出すんだ!!
    それとも、あえてLvMAXって表示されてないってことは、
    鳥肉さんのスキルがLv10とかにまで一気に伸びてピンチになるのかな?

    作者からの返信

    ピンチになる場合は、あらすじに『主人公がピンチになる表現が含まれています』と書かないといけないので……w

    2017年6月20日 22:45

  • 第41話『素直に感謝です。』へのコメント

    ジローくん、今回だけで2回もヒザマの追い詰め方を間違えちゃったね……
    ヒザマ、自我を無くしちゃったらどうなるんだろ……

    でも、ジローくんの聖水ドパーであっさり終了しそうな気が……

    作者からの返信

    聖水とかいう対魔族万能兵器。
    自我をなくしたヒザマとは熱さのあるバトルをします。

    2017年6月20日 22:43

  • 第40話『見るか?ボロン。』へのコメント

    やっぱりLv5というのは中々到達できないチートクラスのスキルレベルなんだなw

    作者からの返信

    設定にゆとりを持たせるため明言してませんが、いまのところlv3あればそれなりの達人級くらいの感じで書いてます。

    つまり異世界側からするとlv5ってなんだよっていう感じですね。



    2017年6月18日 21:46

  • 第40話『見るか?ボロン。』へのコメント

    うわっ、あのヒャッハーねーちゃん、「神獣化Lv.5」でフェンリスヴォルフに変身して大暴れしとるw

    作者からの返信

    もともとの気性と変身後の高ぶりでやりたい放題w

    2017年6月18日 21:32

  • 第38話『神獣化LV5』へのコメント

    あ、狼族の奴隷ねーちゃんが月牙の剣を借りてヒャッハーしてる!

    しかも神獣化の能力だって?
    戦闘中にフェンリルウルフに変身出来たりするのかな?

    ジローはこの戦いの後、このヒャッハーねーちゃんを奴隷として買い取るのかな?

    この先の展開がいろいろと楽しみです♪

    作者からの返信

    ねーちゃんは今後どう絡ませるか悩み中です。
    いろいろパターンがあるけど、すんなり盛り込めるかどうか模索してます。

    2017年6月15日 17:52

  • 第38話『神獣化LV5』へのコメント

    敵軍がまさかの水耐性の魔物で構成されてたら、ちょっぴりキツそうw

    作者からの返信

    多少耐性があったところで連続ビュッビュッすればイケるイケる。

    2017年6月15日 17:38

  • 第37話『大丈夫だ。問題ない』へのコメント

    ベルナデットがソーセージのソーセージを食べたの?やだ、薄い本になっちゃう////

    作者からの返信

    ちょっと! この作品でそういう下品なコメントはやめてください!
    女性の方だって読んでるんですよ!
    全マシ。チートは清らかな作品なんですから、まったく……。

    お漏らし! ハルン! フハハ

    2017年6月13日 18:02 編集済

  • 第36話『知的なバトルで勝利をおさめた…へのコメント

    遠野っち、商品名には○つけようぜっ!(笑)

    それにしても、魔王を倒した、勇者である俺ならな!って言い回しカッコイイ!

    作者からの返信

    〇にするなら違う名前にします。
    ポークビッツをポークピッツにしたみたいに。
    これは間違えて覚えてただけですがw

    カッコいい……だと?

    2017年6月13日 17:46

  • 第37話『大丈夫だ。問題ない』へのコメント

    確かに、バルバトスさんには魔王スザクを聖水ぴゅーで倒した、なんて口が裂けても言えないもんなー(遠目)。

    作者からの返信

    温度差がね、気まずかったですねw
    シリアスに語ってるのに戦い方がギャグという。

    2017年6月13日 17:44

  • 第37話『大丈夫だ。問題ない』へのコメント

    サラミソーセージが勇者のこと漏らすんでしょうなぁ。前話でも漏らしてましたしねぇ。

    作者からの返信

    その漏らすじゃねえダルルォ!?
    きっと父親に告げ口しに向かってるに違いない。

    2017年6月13日 17:42

  • 第36話『知的なバトルで勝利をおさめた…へのコメント

    うん、なかなか知的っていうか、理詰めでしたね♡
    出来れば、シャウエッセンには理詰めだけでなく、ペルナデットだけでなくジローにも完膚なきまでに叩きのめされて「勇者の力」を……
    フガモガ……

    作者からの返信

    ヤツとはまた、近いうちに戦う日がくるの……かなぁ?
    あればその時に。

    2017年6月11日 23:15

  • 第36話『知的なバトルで勝利をおさめた…へのコメント

    知的ってなんだっけ?

    私も詳しくは分かってないんですけど、シャウエッセンって名前使っちゃって大丈夫なんですか?面白かったけどw

    作者からの返信

    知的とは何かという哲学。

    まあ、ウェブで無料公開してる小説なので、そんなに気にすることはないかなって思ってます。
    運営さんから警告が来るようなことがあればさすがに修正しますがw

    2017年6月10日 22:34

  • 第35話『九割ほどで』へのコメント

    楽しく読ませて頂いています

    フランク・フルティエットが目障りなので、ポットドック関係者だけで魔族に突撃させて、全滅させてはどうでしょうか?

    バカだから 持ち上げれば調子に乗って突撃しそう^^。

    連載 頑張って下さい

    作者からの返信

    突撃させてる時間がもったいないくらい使えないやつだと思うので、デメリットのほうが大きいと思いますw
    主人公はそんなことをする鬼畜なやつじゃないですよ……たぶん。

    はい、頑張ります。

    2017年6月10日 21:38

  • 第35話『九割ほどで』へのコメント

    もうそろそろ、全てのモンスターを聖水ドバァで倒せるって風潮を何とかした方がイイと思いますが……
    もうそろそろ手詰まりになって来るのでは?

    魔王スザクを始めとして火系のモンスターばかり集まっていたから、例えば水系のモンスターだと聖水は効かなくなるのかなぁ?

    作者からの返信

    聖水は魔族の弱点なので……。
    ただ、他の敵と戦うときはまた違うスキルを使って戦うと思います。

    属性とかは特に決めてないですが、水辺に住む魔物なら少しは耐性がありそうですね。

    2017年6月10日 21:34

  • 第35話『九割ほどで』へのコメント

    ブラッド氏を浄化してさしあげるのが一番早いのでは。

    作者からの返信

    もちろん、めちゃくちゃ浄化したときに一緒にやってあげました。
    これ以上、被害者を増やすわけにはいかない……。

    2017年6月10日 21:19

  • 第33話『そうそうたる面子?』へのコメント

    おいホットドック、お前またいたのかぁ……!
    良かったなオマエ、今回はオレの飼い犬家で留守番してるからなぁwww
    噛みつかれたばっかだったもんなぁwww

    って、ジロー言いたいんだろうなぁ……

    作者からの返信

    ベルナデットは猫ですよぉ……w

    2017年6月7日 20:20

  • 第32話『宣戦布告』へのコメント

    イケメン、中学生、JKが登場したとき、小バカにしたヒョロイカくんの強さにビビるんだろうなぁw

    作者からの返信

    果たしてどのように再会するのか。
    まだ当分先になりそうですが、いろんな意味で唖然とすると思いますw

    2017年6月6日 19:46

  • 第3話『ヤメロ、ソレハオレタチニ効ク!』へのコメント

    お嬢様聖水という商品名のエナジードリンクが(リアルで)あってな……

    作者からの返信

    巷で噂になったあれですねw
    需要があるなら勇者のも……?

    2017年6月6日 19:34

  • 第1話『……『全マシ。』?』へのコメント

    初めましてー!何故か1話でくそわろたww

    作者からの返信

    はい、始めまして。
    わっはっは!

    2017年6月6日 19:30

  • 第32話『宣戦布告』へのコメント

    確かにジロー君は自由に動けた方が都合イイもんなぁ。

    だって、たぶん将軍ヒザマも聖水放射で簡単に倒せそうな気がするし、
    ある意味そんな衝撃(笑撃?)の光景を他のヤツらに見せたくないだろうし、ね。

    作者からの返信

    見せられないかはともかく、ああしろこうしろと言われたら明らかに効率悪いですもんねw

    2017年6月4日 22:11

  • 第32話『宣戦布告』へのコメント

    やだ魔王様ったら便利。

    作者からの返信

    実力を証明する便利アイテムですね。
    これはもう手放せない!(?)

    2017年6月4日 22:10

  • 第31話『ペロッ、コレハ、聖水!?』へのコメント

    丁寧な返信 ありがとうございます。

    いっその事 
    「超級のメイルシュトローム」・「超級、斧神のゴズメズ」など魔王の幹部の
    懸賞金1人1億ゴールドで 8人いて8億ゴールドなどと記述した方が分かり易いので良いのでは。

    幹部なので宰相の1/10の懸賞金で
    四天王なら4人、八部衆なら8人、または魔王軍〇〇人衆でも・・・。

    作者からの返信

    う~ん、あんまりその他の魔物の金額は上げたくないんですよねぇ。

    何人いるとか、細かい設定まで作ってたわけではないんですが(おい)、そんな億も行くようなやつらとして書いたつもりはないのでちょっと抵抗が……。

    個別にしたところで合計額が匹敵するとインパクト的な面であんま意味ない気がしますし。

    あと、上位冒険者の収入とか実力諸々がおかしくなる可能性もあるので現時点での変更はちょっと考えさせてください。

    とりあえず、ストックがカツカツで練り直す余裕がないので現状はこのままで行きます。

    ごめんなさい!

    指摘自体はいろいろ考えさせてもらうことができたのでありがたかったです。

    2017年6月4日 22:08

  • 第30話『範囲攻撃って偉大だな。』へのコメント

    今日から読ませて頂いています。

    第12話『【月牙の剣】』
    【冒険者ギルドに来た。
     個室に通されると、ギルドマスターと秘書さんが応対してくる。
     宰相ヘルハウンドの懸賞金10億ゴールド。

     超級魔物の懸賞金と素材買い取りの残り、大体3億ゴールド。】
    の記述ですが。

    「これは超級のメイルシュトロームではないか!」
    「こっちは同じく超級、斧神のゴズメズですよ!」
    などの魔王の幹部やネームドモンスター(二つ名持ち)も冒険者ギルドに査定してもらったのでは、幹部の魔物 全部で3億ゴールドは安すぎるのでは。

    作者からの返信

    その辺の金額はだいぶ迷ったんですよねぇ。
    今のところ予定はないですが、変更も考えます。


    まず、ヒザマやヘルハウンドは名前の出た超級魔物とは圧倒的に格が違う存在と考えてください。

    10億のヘルハウンドに対して、そんな彼らの合計額が半分の5億とか8億とか、同じくらいまでいってたらヘルハウンドのすごさが差別化できないかなぁと思ってこういう計算にしました。

    たいそうな二つ名を雰囲気と語感のよさでつけてしまったので誤解を与えてしまったかもしれませんが、ヘルハウンドと比べると彼らは足元にも及ばない存在です。

    イメージとしてはヘルハウンドは魔王軍のナンバー2とか3、もしくは四天王(四人いないけど)で、他の超級魔物は部隊長くらいの感じです。

    金額は明確に設定してはいませんが、超級魔物で懸賞金がついてる個体はそれぞれ三千~八千万くらいで考えています。





    2017年6月3日 19:53

  • 第29話『いわゆるサラブレッド』へのコメント

    スゴいよデルフィーヌ!
    すっごい才女って感じがします!

    作者からの返信

    そうです。彼女は何気にエリート系女子だったのです。

    2017年6月1日 21:16

  • 第26話『本当に勇者様なのか?』へのコメント

    シリアスを緩和するポークステーキ…緩和してるか?
    ジロー君がこれからどういった行動に移るのか気になりますね。

    ところで昨日の夕飯はポークステーキだったんですよ。とても脂がしつこかったです。

    作者からの返信

    きっと、チートでサクサクいろいろやってくれるはずです(^○^)


    私はステーキの脂、苦手なんですよね……
    某コールをするラーメンのアブラや豚は好きなんですけどw

    それでも黒ウーロン茶は必須です

    2017年5月28日 12:27 編集済

  • 第25話『【成長補助LV5】』へのコメント

    ベルナデットちゃん、完全勝利!
    強いですねーって思ったら……
    ちゃんと【成長補助LV5】ってご主人さまの “ 愛 ” がこもってたんだね♪

    作者からの返信

    愛……なんでしょうか?w
    彼女の成長は始まったばかりです。

    2017年5月27日 12:40

  • 第25話『【成長補助LV5】』へのコメント

    フランクフルトに戻っちゃったなーと油断してたらコンビーフとは…!
    今回は鶏になったり豚に戻ったと思ったら牛になったり小麦になったり忙しかったですね。

    作者からの返信

    彼には変幻自在の存在に登り詰めてもらいます(。・ω・)ゞ

    2017年5月27日 12:38

  • 第24話へのコメント

    自分で全部説明してくれるとはなんて親切なクズなんだ!
    しかしポークビッツですか…何故か親近感が湧きますね。

    作者からの返信

    なぜか説明口調だったんだ!

    親近感……ええ……(;´A`)

    2017年5月24日 23:47

  • 第24話へのコメント

    う~ん、最後はポークビッツにまで格下げかぁ……
    どんだけ(イチモツの)小っちゃな男なんだよ……

    作者からの返信

    い、イチモツは関係ないから……(震え声)

    2017年5月24日 21:17

  • 第23話『勇者のパーティ候補』へのコメント

    ベルナデットちゃん、なかなか言うねぇ……

    それとホットドッグ改めソーセージフルト。
    なんか……気のせいか、小さくなってないか?

    確か、命のやり取りを目の前で見てイチモツを縮こまらしている様な男は真のいくさ人、豪の者にはなれない、と『花の慶次』で前田慶次が啖呵を切ったシーンがありました。

    おい、ソーセージフルト、お前もう名前からして勇者パーティ失格じゃん……

    作者からの返信

    やつはだめだな

    2017年5月24日 21:17

  • 第23話『勇者のパーティ候補』へのコメント

    とうとうソーセージフルトになってしまった…。
    しかしベルさんや、おまえさん逞しくなったねぇ。

    作者からの返信

    彼女はどこまでも駆け抜けて行きます(。・ω・)ゞ

    2017年5月24日 20:47

  • 第20話『エレオノール・エアルドレッド…へのコメント

    なるほど、先ほどの検分では見せなかった魔王スザクの死体、ここで使うんですね……
    効果的な演出ってヤツですね♪

    作者からの返信

    出し渋りしてくスタイル( ・`д・´)

    2017年5月20日 23:49

  • 第20話『エレオノール・エアルドレッド…へのコメント

    見せた所で魔王だと判別できるのだろうか…w

    作者からの返信

    さ、さすがにそこまで厳しい世界ではないハズwww

    2017年5月20日 19:24

  • 第19話『デルフィーヌ・ドランスフィー…へのコメント

    学習能力がないなぁ、この没落令嬢は……
    あと、ベルナデットちゃん……
    えらい冷めた、ドライな性格になっちゃったねぇ……

    作者からの返信

    彼女にも事情があるのです(o´・ω・`o)
    ベルナデットはどうなってしまうのか

    2017年5月20日 19:22

  • 第18話『やっておしまいなさい!』へのコメント

    うわー、ベルナデットさんってあれから成長して美味しそうな身体付きに……ゲフンゲフン
    これから、もっともっと美味しそうな身体付きに成長……ゲフンゲフン

    ジローさん、最初はこの子をいっぱしにしたら手放すみたいな事を言ってましたけど……
    手放すなんて……もったいないでしょ?

    作者からの返信

    けっきょくもふもふもさせてくれるので、考えを改めつつあるようです。

    2017年5月19日 19:11 編集済

  • 第17話『このケダモノ!』へのコメント

    ベルナデットちゃんなりの「生きる為の覚悟」を決めたって事ですね……
    言い分は分かるんですが、違う方向に暴走している様に見えるのはどして……?

    作者からの返信

    特訓が過激すぎたのかもしれません
    もうしばらくしたらいい塩梅に落ち着いてくるのではないでしょうか?

    2017年5月17日 22:36

  • 第16話『精神の成長』へのコメント

    ベルナデットちゃんがどっか行っちゃったぁ!
    戻って来てぇ~!
    Come back ! 

    作者からの返信

    彼女は遠くに行ってしまいました……

    2017年5月17日 22:30

  • 第15話『生きるために戦え!』へのコメント

    ベルナデットちゃんの実地訓練ですかぁ。
    二郎くんもなかなか精が出ますね。
    ベルナデットちゃんが二郎くんになつく、その日まで……

    作者からの返信

    きっと、そう遠くない未来に……

    2017年5月15日 22:28

  • 第10話『ウィンウィンだな』へのコメント

    おかわりもいいぞは
    声に出して読みたい日本語ですね。
    その後の流れを知ってたが故に笑い過ぎてしゃっくり止まらなくなった。訴訟

    作者からの返信

    声に出して読みたい日本語www
    個人的には『できらぁ!』もいつか使ってみたい言葉です( ^ω^ )

    2017年5月14日 12:46

  • 第13話『鋼鉄のバルバトス』へのコメント

    おっ、ベルナデットちゃんにカッコいいとこ見せられたかな?

    作者からの返信

    やっぱりチートは無敵ですね~w

    2017年5月13日 23:57

  • 第10話『ウィンウィンだな』へのコメント

    ハートを掴むには、まずは胃袋を掴む事からって感じですか?
    ちょっと違う?

    作者からの返信

    奴隷にも美味しいご飯をあげて平等に接してあげちゃう、な○う主人公プレイです

    2017年5月13日 23:25

  • 第9話『ベルナデット』へのコメント

    ここは、まず10才のベルナデットちゃんに「パパ♡」って言ってもらえるくらいまで仲良くなって、それから尻尾をモフモフすれば、まるで娘にキンシンソーカンしてるみたいで……
    って、コレはNGっすか。

    作者からの返信

    パパプレイはレベル高いっすわぁ……w

    2017年5月13日 23:23

  • 第1話『……『全マシ。』?』へのコメント

    ウイイイイイイイッッッッス。どうも、神でーす! これに重なる人物が浮かんでしまって完全に掴まれた。どうしてくれるw

    作者からの返信

    おい! それってYO!
    アッアッアッアッwwww

    あと、レビューどうもです~

    2017年5月13日 07:59

  • 第11話『精進せよ。己の糧を己で手に入…へのコメント

    ノリが大好き。
    あと
    ところどころ知ってるネタが仕込まれてて若干ゃ草

    作者からの返信

    すごーい! 君はネタのわかるフレンズなんだねー!?

    キャラや設定が増えるとダレがちになるので、テンポが崩れないよう気をつけてやっていきます

    2017年5月12日 20:27

  • 第8話『奴隷商に来た』へのコメント

    こういうのって……
    もふもふ目的なのは当然なんだけど、
    もうひとつ奴隷ちゃんを自分の色に染めてみたい、って目的も……

    10才では、まだどの色にも染まってないじゃないですか★

    だから……200万の10才の猫族の子に1票!

    作者からの返信

    鋭いコメントでドキッとしたw
    まあ、バレバレでしたかねぇ……www

    2017年5月11日 21:53

  • 第7話『さしずめ、ここはうんこの街。』へのコメント

    魔王退治の次は、もふもふ奴隷探しですか……
    二郎くんはネコ耳派なんですね♪
    ワタシはウサ耳派★

    作者からの返信

    彼は耳というよりも、もふもふっとした感触が好きなのです。

    一番のお気に入りは猫ですが、もふもふしていればウサギでも犬でもキツネでも大歓迎な男です。

    2017年5月11日 21:52

  • 第6話『俺を勇者と認めてください。』へのコメント

    さすがに魔王スザクを見せれば、勇者だって認めてくれるでしょ♪
    あと、宰相ヘルハウンドで10億なら、魔王スザクはどれくらいの値がつくの?

    これ、メッチャ面白いストーリーですね!
    次のお話、楽しみにしてます♪

    作者からの返信

    まだ序盤も序盤ですが、楽しんでいただけているなら何よりです!

    魔王については、後の話で……

    2017年5月10日 00:06

  • 第5話『そこは褒めてよ。』へのコメント

    確かに、王政ってひどいよね。
    王が出来た人間ならまだしも、3代目のボンクラが王になったって考えたら……
    ここの王さま、絶対そっち系でしょ。

    作者からの返信

    果たしてどんな人物なんでしょうか?
    いずれ、ですね
    たぶんw

    2017年5月9日 12:36

  • 第4話『勇者の凱旋だ。違うかも』へのコメント

    勝者の特権、ってヤツですね。

    作者からの返信

    弱肉強食なこの世界……( 。゚Д゚。)

    2017年5月9日 12:34

  • 第3話『ヤメロ、ソレハオレタチニ効ク!』へのコメント

    えっ、水魔法は聖水入りの水……っていうか聖水が出て来るんですか!
    色々ファンタジー読んで来たけど、聖水が出て来る水魔法って、初めてです。

    作者からの返信

    全マシ。なので質のいい水が出るのです。

    2017年5月9日 12:32

  • 第1話『……『全マシ。』?』へのコメント

    初めまして、きぐるみ女神Qです。
    時間があれば、ワタシの作品も読んで見て下さいね♪
    これからも宜しくお願いします。

    えらいHIP-HOPのノリのイイ神サマですねぇ。
    気になってしょうがないんだYO!

    作者からの返信

    うざいノリの神様ですよねえ……
    悪いやつではないと思いますがw

    あ、レビューもありがとうございました!

    2017年5月9日 12:30