小説自動生成ソフト制作日記

作者 七度柚希

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話 熱病にとりつかれた最初の夜へのコメント

    初めまして、にのい・しちと申します<(_ _)>

    驚きました……80年代にはもう、コンピューターに小説を書かせようという、試みがあったとは(°°;)

    この時代は、まだコンピューターが独自に何かを作るというのは、SFのような話に聞こえますが、ついに、その時代が間近に迫って来ていますね!

    プログラマーの先見の目と、未来予測に驚愕です!

    私のこれからの創作活動に置いて、大変、勉強になりました!

    ありがとうございます<(_ _)>