11






■□■□



「持てますか?」

「あい」



 病室に戻ってくるなり蛙の大合唱ならぬお腹の虫の大合唱を聞かせた私に、橘さんが病院の中に入っているコンビニでおにぎりを買ってきてくれた。


 鮭に昆布、梅におかか、ツナマヨ、チキン南蛮、炭火焼肉にいくら。


 橘さんから受け取って、まずは鮭のおにぎりを手に取って、封を開けていく。


 たったの三ステップしかないのに、かーなーりお腹が空いてる時の三ステップだから涎との戦いになってきた。



「手は拭きましたか?」

「あっ」



 遠ざかっていくおにぎり。


 待ってておにぎり。



「ここは病院ですから、ちゃんと手を拭かないとダメですよ」

「あ、あい」



 橘さんから渡されたウエットティッシュで手を拭きつつも、目は橘さんの手の中にある鮭のおにぎりに釘付け。


 橘さんのオッケーがすぐに出るように今までにない早さで手を動かした。



「はい、もういいですよ。さぁどうぞ」

「いただきましゅ!!」



 とてもじゃないけど待ちきれずに、橘さんの手にあるうちにパクリと行かせていただいた。



 うーん。し、あ、わ、せ~。


 口が小さいせいで鮭の具はほんのちょっとしか入れられてないけど、それでもご飯と混ざる鮭の塩味加減が口の中にぶわぁっと広がってる。


 パリッとした海苔もおにぎりの美味しさに一役買ってて、もうっ!って感じ。



「本当に餌付けされている小動物みたいだな」

「陛下」



 一口食べた後も持っていてくれているのをいいことに、橘さんの手から食べる私を見て、帝様がクスクスと笑っている。



 いい仕事してきた後のお酒ならぬご飯ほど美味しいものはない。


 あっという間に食べ終えた私は次の一個を選ぶべく、袋の中を物色し始めた。



「雅さん。それでお父上方はまだ霊安室に?」

「ん。おとなのだいじなおはなしなんだって」



 千早様もってのがなんか不思議な気分だけど、見かけは子供でも、実際私達よりずーっと年取ってるからなぁ。


 本人もの凄く嫌そうにしてたけど。



「その話、気になりますね」

「えぇ。陛下、私、少し行って」


「その必要ならないわよ」



 突然聞き覚えのない声がしたもんだから、橘さんはとっさに陛下を背に庇った。



「大丈夫だよ。元老院から派遣されてきた奴だから。変態ではあるけど、怪しい奴ではない。……たぶん」



 千早さま。


 たぶんって、小さく呟いたつもりだろうけど、その実やけに大きく聞こえたのは気のせいかな?



「変態でもないわよ。失礼しちゃうわね。……元老院第三課武器管理担当の都槻よ。ツッキーって呼んでね?」

「つ、ツッキー?」

「はぁい?」



 橘さんのワイシャツの胸元にツーっと指を這わせた都槻さんは橘さんと帝様、それから鳳さんへニコニコしながら視線を移した。


 ご機嫌そうでなにより……って言って安心していていいの、かな?



「わ、私はそういう趣味はないので」

「あら、意外とはまるかもしれないわよ?」

「と、とりあえずっ! 話を聞かせていただけませんか?」

「仕方ないわね。……雅ちゃん」



 ちょいちょいと手招きされたので、都槻さんの方へ袋を抱えたまま急いだ。



 一体なんでございましょう?


 いい子に外で待っててってことならおにぎり持って外に出てるよ?



 ストンと腰を落としてしゃがむ都槻さんと目が合った。



「どんな悪事も元凶を絶たなきゃ意味がないっていうのは分かるわよね?」



 それはそうだ。


 東で見てた時代劇に出てくる源五郎親分も言ってた。



 コクコクと頷く私を見て、都槻さんは満足そうに笑っている。



「それじゃあ、残っててもいいわ」

「ん?」



 ココにいてもいいの?


 ……そういえば、アノ人とオネェさんは?



「何をするつもり……ですか?」



 鳳さんがしきりに汗を拭いている橘さんの代わりに都槻さんに尋ねた。


 帝様はただ黙って事の成り行きを見守ることにしたらしい。



「フフッ。人外を裁くのが元老院第四課の役目なら、この国の人間を裁くのはこの国の長の役目でしょう?」

「おや。そうだったか」

「陛下。……それは裁判所の役目です」

「普通の事件ならそれでいいでしょうけど、ね。この子から聞いたでしょう? 霊安室で何があったのか。そこで何が行われていたのか。……うん。いいタイミングね」



 都槻さんが視線を別に逸らすと、そこにアノ人とオネェさん、そしてもう一人。


 身体を縄で雁字搦がんじがらめにされ、口には猿轡さるぐつわまでさせられているこの病院の院長先生がオネェさんの足元に転がされていた。



「むーっ!!」



 バタバタと飛び跳ねてこの場から逃れようとするけれど、オネェさんに容赦なく足蹴にされている。



「私達を前に逃げようだなんて無理なコト、考えない方がいいわよ? ……この」



 千早様に耳を塞がれ、おまけに上から声が漏れ聞こえないようにされた。


 都槻さんの顔は背を向けているから分からないけれど、醸し出している空気は怒りのソレだ。



 そして、私も、誰も、恐らく吐かれただろう都槻さんの暴言を止めるつもりはない。


 だって、この状況でこんな形で連れてこられたこの院長先生は間違いようもなく今回の出来事の犯人でしかない。


 私も怒っているんだ。とっても。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます