リレイヤーズ・エイジ - Drei -

ながやん

第0話『これだけ読めばOK!前回のお話』

 時に、西暦2098年。

 世界は人類存亡を賭けた最終戦争のさなかにあった。

 敵の名は、パラレイド。

 次元転移ディストーション・リープで時間も空間も問わず現れる、謎の機動兵器群……国を大地ごと消し飛ばし、何度も地図を過去の遺物へと更新し続ける脅威。それがパラレイド。

 全地球規模で戦争が日常化した中、学生たちもまた幼年兵ようねんへいとして戦っていた。

 女子供、一般人でも馴染みやすい主力兵器は、人の姿をしたパンツァー・モータロイド。通称PMRパメラは全高7メートル前後の人型機動兵器ロボット、戦場の主役である。

 少年少女たちは今、鋼の防人さきもりへと魂を灯して戦う。

 いざ、鈍色にびいろの青春を突き抜けて……未来に、あらがえ!


 皇立兵練予備校こうりつへいれんよびこう二年生、摺木統矢スルギトウヤは地獄の第三次北方防衛戦だいさんじほっぽうぼうえいせんを生き残った。

 幼馴染の相棒、更紗サラサりんなの命と引き換えに。

 消滅した北海道から統矢は、大破した愛機97式【氷蓮ひょうれん】と共に青森にやってくる。【氷蓮】は最新鋭ながら、北海道で大規模生産、集中配備されていたため、本土では修理の手立てがない。だが、必ず愛機を直してりんなの仇を取ると統矢は復讐を誓う。

 そんな彼が出会う、仲間たち。

 戦技教導部のメンバー、五百雀辰馬イオジャクタツマ御巫桔梗ミカナギキキョウ、ラスカ・ランシング。そして、不思議と不器用に優しい少女、五百雀千雪イオジャクチユキ

 蘇る愛機と共に、統矢は仲間たちと戦線へ復帰する。本土では初となる激しい戦いの中、北海道を消し飛ばした宿敵、セラフ級パラレイド……ゼラキエルを撃破。

 しかし、苛烈かれつなまでに激化する戦いは、少年少女をさらなる辺獄へ誘う。


 強敵を退けた統矢たちの前に、再びセラフ級パラレイドの脅威が迫る。

 そして、前回の戦いのさなか、謎のPMR【シンデレラ】に乗って現れた記憶喪失の少女、更紗れんふぁ。彼女と【シンデレラ】の謎を解き明かそうとした時、突如として虹色の光が統矢とれんふぁ、そして飛び込んだ千雪を包む。

 それは、パラレイドが使う次元転移の光。

 三人は機体ごと、荒廃した廃墟の都市へと飛ばされる。

 ――廃都はいと、東京。

 かつてパラレイドに殲滅され、首都機能の移転に伴い捨てられた街。

 そこで三人だけのサバイバル生活を生き延びつつ、仲間とどうにか合流できた統矢を襲う謎。

 なんと、次元転移後の統矢たちがいた東京は、

 深まる次元転移の謎を前に、再びパラレイドが襲い来る。

 三位一体、三体合体の死天使……セラフ級サマエル。

 多くの犠牲を払いつつ、統矢は【氷蓮】の新たな力を得て、これを撃破。

 二度に渡る戦いの中で、確かに覚醒し始める、力。

 統矢の中に宿って芽生えた、DUSTERダスター能力の発現。

 再びセラフ級パラレイドを退けるも、謎はさらなる謎を呼ぶ。


 次元転移した結果、ずれてしまった時間の意味とは?


 れんふぁにしか起動できぬ【シンデレラ】とは、いったい?


 そして……セラフ級パラレイドが見せた、明らかな感情と動揺。


 ――人類の天敵、パラレイドの正体とは……!?


 今、真実が明かされ、さらなる現実が少年少女に牙を剥く。時代に抗い、世界をあがなう戦士たちよ……未来を、あばけ! その先に待つ全てを、穿ち貫け!

 リレイヤーズ・エイジ第三章……人類最強の力が統矢に託される!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます