鉛筆戦争ーこの世の中から鉛筆がなくなったら

作者 大西 明美

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話 生きていれば、また会える、生き…へのコメント

    楽しく拝読させて頂いております。
    僭越ながら、「剛志」と書くべきところが「恵介」と取り違えられている箇所がいくつかあるかと存じます。恐縮ですがご確認頂けますと幸いです。

    作者からの返信

    ふおおお!板野さん、ありがとうございますm(._.)m帰ったら直します!ほんまに感謝ですm(._.)mm(._.)mm(._.)m

    2017年3月12日 12:49

  • すべてのエピソード 1
  • 第1話 助けてください! 誰か私を助けて…
  • 第2話 鉛筆とタイムスリップ
  • 第3話 ジャーナリスト暗殺事件
  • 第4話 愛国法とジャーナリスト保護法
  • 第5話 国家の陰謀
  • 第6話 生きていれば、また会える、生きていれば。 1
  • 第7話 偉大な鉛筆
  • 第8話 大五郎の秘密
  • 第9話 初めての【鉛筆会議】
  • 第10話 フラッシュバック
  • 第11話 母はどうして命を失わなければならなかったのか
  • 第12話 監視カメラとプライバシー
  • 第13話 マネーロード
  • 第14話 独裁は音も立てずにやってくる
  • 第15話 記録消去
  • 第16話 『正義』を刷る
  • 第17話 こうして紙のメディアが消えた
  • 第18話 援軍
  • 第19話 悲しみの意味は自分で作るもの
  • 第20話 鉛筆の限界
  • 第21話 ハッキングニュース
  • 第22話 ここに置いてください
  • 第23話 萌美の正体
  • 第24話 国防省コンピュータ部門
  • 第25話 僕たちは害虫じゃない!
  • 第26話 鮮烈デビュー
  • 第27話 戦闘開始!
  • 第28話 ポロリ、いかに…
  • 第29話 手詰まりと打開策
  • 第30話 鉛筆をどうやって配るのか
  • 第31話 壁新聞
  • 第32話 盗聴デート
  • 第33話 政府の逆襲