ヴェルシア王国総務省人事局人事第六課行政担当官の日常

作者 阿井上夫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第四話 行政担当官は、関係部署との連携…へのコメント

    面白いです。ストーリーという面で見るには、まだまだ序盤ですから評価するにできない状況であるものの、その他の要素の魅力がぎゅっと感じられました。
    読みやすいですし、それぞれの人物の描かれ方なども読んでいて楽しいです。
    とても好みの作品であるように思います。今後の展開、楽しみにしております。

    話は変わりまして、一つ誤字報告をさせていただきます。
    「人事第五課長のドゥーランは獣族である。」
    この文は、第五課ではなく第二課ではないでしょうか。
    エピソード最初の文は印象的ですし、大切だろうかと考えた為、僭越ながら指摘させていただきました。

    続きの執筆、頑張って下さい!

    作者からの返信

    コメント有り難うございます。楽しんでいただけたようで嬉しいです。
    誤字のほうもご指摘有り難うございます。実は「第五課」が正で、続く文章中の「第二課」が誤りでした。ヴィルヌイさんは重要な相手順に挨拶に歩いているようです。ついでに他の部分にあった恥ずかしい間違いも見つけてしまいました。そちらはこっそり修正済みです。
    少々他の事で忙しいため、次回更新がいつになるのか作者にも分かりませんが、気長にお待ち下さい。

    2018年8月18日 00:37

  • すべてのエピソード 1
  • ( ヴェルシア王国の政府機関 )
  • ( 主要登場人物 )
  • ( 用語説明 )
  • 第一話 行政担当官は、時間厳守を基本とする。
  • 第二話 行政担当官は、迅速な状況判断を尊ぶ。
  • 第三話 行政担当官は、職場環境の維持向上に努力する。
  • 第四話 行政担当官は、関係部署との連携を密にする。 一
  • 第四話 行政担当官は、関係部署との連携を密にする。 二
  • 第四話 行政担当官は、関係部署との連携を密にする。 三 1
  • 第四話 行政担当官は、関係部署との連携を密にする。 四