現世に散る一片の物殻

菊千代

ResQ

画面に写る既読の文字。

その度に待ち遠しくなる。


でも、返事は中々、来ない。


「仕方がないよね」

「仕事が忙しいんだよね」


そう、自分に言い聞かせる。

そして日常の中に溶け込んでゆく。


突然に鳴る通知の音。

その度に期待が膨らむ。


でも、貴方じゃなかった。


「そりゃ、そうよね」

「まだ、そんな時間じゃない」


初めから分かっていた事。

それでも、つい期待をしてしまう。


別に特別な事を言って欲しい訳じゃないの。

ただただ返事が欲しい。


何気ない言葉でいいの。

少しだけ貴方の時間が欲しい。


そして貴方の言葉に私は救われる。


画面に写る貴方の返事。

その度に私の心は躍る。


でも、貴方の方はどうなの!?


「単なる、お友達!?」

「それとも都合のいい女!?」


つい訊いてしまいたくなる。

でも、私は無理に強がってしまう。


繰り返される貴方との会話。

その度に想いは募る。


「貴方が好き」

「貴方の傍に行きたい」


そう思っても言えやしない。

だって今の関係を壊したくない。


別に特別な事を言って欲しい訳じゃないの。

ただただ返事が欲しい。


何気ない言葉でいいの。

少しだけ貴方の時間が欲しい。


そして貴方の言葉に私は救われる。


本当は特別な言葉が欲しいのかもしれない。

でも、今はまだいいの。


何気ない言葉でいいの。

少しだけ貴方の時間が欲しい。


そして貴方の言葉に私は救われる。


でも、いつかは貴方の傍に行きたい。

許してくれる?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!