第37話 ヒーローにピンチはつきもの

「くそっ! どういうことなんだよ、コレはッ!」


 俺は黒い帯で締め付けてくる古我知さんに向かい、精一杯の虚勢を張って怒鳴り付ける。そんなことをしても向こうは涼しい顔をしているだけで、のれんに腕押しに終わっているのだが。

 そうこうしているうちにも、俺は縛られた格好のまま「解放の先導者」達に取り囲まれていってしまう。そして彼らに連行されるように、俺は機械人形共の輪に放り込まれた。

 マズイな……こんな状態じゃ「待ち蹴」くらいしか出来そうにないぞ。そもそも、反撃出来るような状況にも見えないけどさ。


「察しの通り、それが『解放の先導者』を製造する『プラント』だ。この町に持ち込めるようにと小型化したせいで、量産能率の方は思わしくないんだけどね」


 古我知さんは「解放の先導者」に道を開けさせると、俺の前に進み出る。

 ……やっぱり、そういうことだったんだな。俺を「プラント」の場所から引き離したのも、大事な発生源を守るためだったのか。


「『呪詛の伝導者』や『解放の先導者』を作り、樋稟ちゃんのご両親をさらって日本に逃亡した後……。僕はやがて追ってくるであろう彼女を迅速に迎え撃つために、早急に最寄りの町へ根を下ろす必要があった」

「それが松霧町……か」


 一瞬「プラント」の辺りに見えた人影が気になったが、今はそれどころじゃない。俺はハラワタがにえくり返るような気持ちで、古我知さんにガンを飛ばす。


「ご名答。――特にこの廃工場は、施設として使われなくなったとは言っても……機能事態は生きてる部分が僅かにあったからね。小型化した『プラント』を生きてる工場機能につなぎ止め、『解放の先導者』を生産できる体制を作ったってわけ」


 手品の種を明かすように、得意げな口調で彼は語る。これが「技術の解放を望む者達」の全貌ってわけか……!


 そこで、俺は黒い帯に縛られる前に感じていた、一つの仮定を思い出す。


「救芽井の両親をさらって……じゃあやっぱり、ここで寝てる二人は!」

「よく気付いたね。君は勉強が出来ないとお兄さんから聞いていたが……なかなか頭自体は回るようじゃないか」

「やってくれたもんだな……! あのカプセルは何だ! 救芽井の親御さんに何をしたんだ!」

「メデックシステムのカプセルを冷凍保存用に改修したものさ。アレの設計図は救芽井家の研究所に置いてあったからね。自分で手心を加えることくらい、なんてことないさ」


 ……着鎧甲冑のためだろうが何だろうが、こんなの度が過ぎてる。救芽井の両親をこんなへんちくりんな棺桶にぶち込みやがって!


「別にこれといった危害は加えていないさ。ただ、あまりにも強情な上にやたらと暴れるものだから、少しの間だけ眠って頂いているだけだ」

「目は、ちゃんと覚めるんだろうな……!?」

「彼らを催眠から解放すると言うのなら、稟吾郎丸さんや樋稟ちゃんに頼むといい。もっとも――それを『僕ら』が見過ごすはずもないけどねッ!」


 どうやら、向こうは容赦を捨てる覚悟らしい。俺を完全包囲した上で、『呪詛の伝導者』を筆頭に全ての『解放の先導者』が銃口を向けてきた。

 こんなドーナツ状に囲んだ状態から発砲なんてしたら、相打ちくらい起こりそうなもんだが……連中にためらいの気配はない。機械なんだからためらう方が不思議だけど。

 「解放の先導者」だけがそうであるならまだしも、一応は中身が人間である「呪詛の伝導者」までもがピストルを向けている。自分は撃たれても平気だと踏んでるのか、それとも撃たれてでも俺を「討つ」つもりなのか……。

 いずれにしろ、俺がピンチなのには変わりない。とうとう年貢の納め時……かなぁ?


「君の――君達の健闘は、よく覚えておくよ。『呪詛の伝導者』の売り込み先に宣伝しておきたいくらいだ」

「そんなもんどーだっていいんで、助けてください……とか言っちゃダメか?」

「悪の組織と戦う正義の味方が、それを口にしたらおしまいだろう? 却下だ」

「……ま、そうだろな。マジで言う気もさらさらねーし」


 ヒーローというモノほど、実現するには程遠い仕事はないらしい。下手すりゃ、増えすぎた人口を宇宙に移民させる方が簡単なのかもな。

 漫画やラノベのような、カッコよくみんなを助けるヒーローになるってのは……俺にはキツかったのかね。変態呼ばわりの汚名くらい、返上したかったなぁ……。

 ――悪いな、兄貴。ちょっと、ゲームオーバーみたいだわ。


「よく言ったね。じゃあ――さよならだ! 撃てえぇーッ!」


 「呪詛の伝導者」の手中にあるピストルが火を噴き、俺の眉間に命中する。


「ぐぅぅッ……!」


 割と距離があったおかげで、脳は着鎧甲冑の装甲が守ってくれたが――強いショックを受けたせいか、体が思うように動かない。脳みそに弾丸撃ち込まれたんだ。衝撃の影響がないはずがない。

 それに加え、今度は「解放の先導者」の一斉砲火が来るわけか……さすがにコレには耐えられないんだろうなぁ。

 きっとこの後、俺はダメージを受けすぎたせいで着鎧を解除され、気がついた頃には全てを忘れているんだろう。恐らく、救芽井や矢村も。……ひょっとしたら、兄貴までも?


 ……あぁ、やっちまったなぁ。

 安易に深追いするんじゃ、なかった……。


 俺はこのあとに襲って来るであろう激痛と気絶に備え、ギュッと目を閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!