ウインク、缶詰、引越し

 引っ越し祝いは缶詰だった。微妙なクオリティのキャラクターが、ウィンクを繰り出している。あいつらしいといえばそうなんだが、当の本人が挨拶にも来ないのは気にかかる。代理だよ、とやって来た別の友人から手紙を受け取る。十年後に見ろと指定があった。なんだよ、それ。

 十年後には失くしている自信があったし、転居先に向かう車の中で見た。女々しいラブレター。こんなの、未来で見つけたらやりきれないよ。仕方がないので破って捨てた。もしかしたらあったかもしれない、淡い恋心と一緒に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます