将棋棋士三浦九段の不正疑惑と将棋連盟の対応

将棋のトップ棋士の一人でもある三浦九段が不正の疑惑をかけられて、将棋連盟の方から一定期間出場停止の処分を下された事。


確かに、疑惑だけで処分を課す事には疑問も禁じ得ない。


その事を前提としてではあるが、三浦さんの方にも、もっとスマートな立ち回り方があったのではないか。


そんな風には思うのです。


先ず、何故、この時期にこんな問題が表面化したのか。


竜王戦が大きく影響を与えていたのではなかろうか。


三浦九段は竜王戦を勝ち抜いて挑戦者の資格を得ていた。


しかし、同時に不正の疑惑も出てきてしまう。


竜王戦は将棋界では、最も権威のあるタイトルという事になっている。


連盟からすれば、その竜王戦に、不正の疑惑をかけられている者を出場させたくないであろう事は想像に難くない。


一方、三浦九段の方も疑惑をかけられたまま竜王戦に出場する事は出来ない、と辞退をする意向を示していた。


後は、実際に辞退がなされるか。


手続きの問題だったと思うんだ。


この時、連盟はすでに挑戦者を別に用意して、竜王戦を行う方向で動いていたであろう。


そんな中でタイムリミットが迫ってくる。


そして結局、三浦九段は辞退の届け出をする事はしなかった。


そこで連盟は三浦九段に半ば無理矢理の有罪判決を下し、挑戦者変更の口実にしたのではなかろうか。


その後、三浦九段の方の見解も公表された。


確かに、三浦九段の言い分も分からなくはない。


辞退をしてしまう事で不正を認めたと受け取られる危険性はある。


だったらば、最初から反発をしておくべきだっただろう。


辞退を匂わす様な事は言うべきではなったのではないか。


恐らくは三浦九段も連盟の立場や面子を考えての事だったのかもしれない。


トップ棋士であるが故に、その辺の事情も理解出来ないものではなかったのではないか。


そして、一旦は辞退の意向を示した。


だったらば、連盟の顔を立てて、辞退の届け出をすべきだったと思う。


竜王戦辞退と引き換えに、三浦九段が納得いく調査を、と、その様な要求をすれば、恐らく連盟は処分を急ぐ事無く、調査を継続する事も出来たのではないか。


自身の身の潔白を示す為にも、竜王戦に関しては辞退をする。


そんな選択肢もあった様に思う。


勿論、本当に不正をしていないのであれば、処分を受ける謂われもなければ、竜王戦を辞退する必要だってないだろう。


最初から対決姿勢を明確にしておけば、もっと違った展開になったのかもしれない。


しかし現実は一旦、協調姿勢を見せていたのに、それを翻して対決姿勢を見せる様になった。


現状、三浦九段は弁護士を立てて、裁判も辞さない構えを見せているよね。


そして、恐らくは、不正があった事も無かった事も証明する事なんて不可能な様に思うので、裁判になったら三浦九段は勝つ事が出来るのかもしれない。


しかし、その事によって失う代償を考えると、果たして、その選択が良かったのか。


無駄に連盟との亀裂を深める事は、三浦九段の棋士としての今後を考えると、本人にとってもファンにとっても得策ではない様に思う。


決して連盟の言いなりになる必要は無いが、相手の面子を潰す様な真似をしてしまっては、単なるお騒がせだよね。


とはいえ、此処まできたら、もう後には引けないかな。


此処で処分を素直に受けてしまったら、それこそ不正を認めた事にされかねない。


私個人は三浦九段が不正をしたとは思っていないし、そうであって欲しいと思っている。


だからこそ、穏便に済ませて、今後の活躍に期待をしたかった。


でも、どうやら、その方向には進まないみたいだね(苦笑)


辞退を匂わせながら、実際には辞退をせず、処分を受けたら、異議を唱えて裁判沙汰。


何で、わざわざ連盟の顔を潰す様な事をする必要があったのか。


ひょっとして、シナリオがあったの!?


こうなったら、観客として、このプロレスを楽しんだ方がいいのかな。


なんてね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!