愛しき他人。

作者 花橋 悠

すべてのエピソードへの応援コメント

  • へのコメント

    最後の言葉が好き。
    「朝露に濡れた花のように笑った。」
    綺麗な言葉だなあ……。
    彼女の気持ちがとても分かるものだ。