第八話 デジャブ

 ついに、バレンタインがやって来た。


 しかし、バレンタインとは言っても、今日は二月十五日。日はとっくに過ぎている。

 実は、今年の二月十四日は日曜日だったのだ。そのため、チョコを上げる日が土曜日と月曜日(この学校は土曜日にも授業がある)に分かれた。

 おかげで、一日に貰えるチョコの量が少なくなり、精神的負荷が軽くなった。また、彼女がいることを知っている女子たちが俺に気を使って、チョコを渡しに来ないといううれしい誤算や、初めて本命チョコが貰えるということから、俺は天にも昇る気分になった。


 そのはずだった。


「おい、今度はどうしたんだ。顔が壁に陥没してるぞ。どうなってんだそれ」

「放っておいてよ…俺は壁と融合するんだ…」


 耳慣れた千堂の呆れ声を聞きながら、俺は顔面から壁にもたれかかっていた。始めてから五分は経つかもしれない。


「ほら、眼鏡が歪むぞ」


 千堂に体を起こされ、俺はようやく壁から離れた。


「聞いてくれよ千堂!」

「嫌だ」

「そこをなんとか!」

「ジュース一本」

「金取るの!?」

「冗談だ」


 他愛もない茶番を終え、俺は愚痴を溢した。


「それでな、千堂。俺、まだチョコ貰ってないんだよ!」

「いや、たくさん貰ってただろ」

「義理じゃなくて本命!」

「ああ…」


 千堂は全くの無表情でそう相槌を打った。おそらく、俺の話の内容をどうでもいいことだと判断したのだろう。


「もう放課後だよ!?」

「…確か、前にもこんなことなかったか?」

「あったな」


 誕生日の時にもこんな風に嘆いていた気がする。言われるまで気づかなかった。


「じゃあ、今日もたまたま放課後まで渡せなかっただけだろ」


 冷静にそういう千堂にも一理ある。前のパターンで考えれば、この後俺はチョコを無事に貰うことはできるだろう。

 だが、俺にはある一つの仮説があった。


「甘いな、千堂」

「なんだよ、腹立つな」

「俺端、見ちまったんだよ…」


 そして、俺は余韻をたっぷりつけて言った。千堂が「早く言えよ」とイラついた顔をしていたが、それでも余韻をつけて言った。


「おととい、杉下がチョコを配ってるところをな!」


 俺の決定的な証言に、果たして千堂は眉一つ動かさなかった。

 そんな千堂に対して、俺はドヤ顔を浮かべながら続けた。


「杉下の面倒臭がりで適当な性格から考えて、彼女が二日に分けてチョコを配るなんて考えられない!」

「…」

「つまり、今年杉下からの本命チョコはない! どうだ、見事な Q.E.D.証明完了だろ!」


 謎のテンションになっている俺は、どこぞの弁護士みたいにズビシッと人差し指を千堂に向けた。チョコが貰えずおかしくなっているのか、俺は徹夜明けのような高揚感に包まれていた。


 しかし、千堂は微動だにせず、淡々と言う。


「あのさ、武野」

「なんだ?」

「じゃあなんで、杉下はお前にチョコを渡さないんだ?」

「え、えーと?」


 そう聞かれ、俺は言葉に詰まった。思えば、なぜ渡してくれないのかを考えていなかった…。

 返事に窮したが、俺は思いつく限りの理由を言ってみた。


「忘れたから?」

「お前のことを好きなのに、忘れるわけないだろ」

「作り忘れたから?」

「同じだろ」

「じゃあまさか、もう俺のこと好きじゃないとか…!」

「飛躍しすぎだろ。お前の理論が間違ってるんだよ」


 はい、論破。

 千堂の神経を逆なでするような台詞と共に、俺の理論は音を立てて崩れ去っていた。それと同時に俺も膝から崩れ落ちた。


「そんな…馬鹿な…!」

「…」


 ふざけているのがわかっているのか、呆れ返っているのかはわからないが、千堂はそれ以上なにも言ってこなかった。


 なんの反応もないとこちらとしてもやりにくいので、俺はゆっくりと立ち上がった。


「冗談はともかく、貰えんのかな、俺」

「貰えるだろ。彼女を信じろよ…ほら、噂をすれば」


 言われて振り向いてみると、そこにはこちらへと歩いてくる彼女の姿が見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます