第110話 スノーフレークチョコレート

 雪の結晶は英語で snowflakeスノーフレーク


 普段 その姿を目にすることはほとんどない

 意識して目を凝らさないと見ることができないから


 存在しているのは間違いない

 でも 実体を目にするのが難しいもの


 心に似ていると思った


 小さい頃 雪が降るとうれしくて堪らなかった

 外に飛び出して雪の中を犬のように駆け回った


 両手を合わせて落ちてくる雪をすくった

 でも スノーフレークを見ることはできなかった


 つかまえたと思ったらすぐに消えてしまったから

 つかまえたと勘違いしていたのかもしれない


 ますます 心に似ていると思った


 スノーフレークをかたどったホワイトチョコを作ったことがある

 バレンタインデーに好きな男の子へ渡すために


 チョコは雪と違ってすぐに融けることはない。

 スノーフレークもはっきりと見ることができる


 ただ チョコに込めた思いは雪と同じ

 はかなくて壊れやすい


 心に秘めておけば壊れることはない

 でも それは難しい


 思いを伝えたい自分がいるから

 スノーフレークの形を知ってもらうみたいに


 やっぱり 心に似ていると思った


 結局 スノーフレークチョコレートは陽の目を見なかった

 渡すことができなかった


 後悔していないと言えば嘘になる

 心残りと言った方がいいかもしれない


 人の心とスノーフレーク

 どちらも目に見えないけれど存在しているのは間違いない


 今でも雪が降ると両手を合わせてしまう

 そして 雪が融けるまで手のひらを見つめている


 すくうことで救われた気になっているのかもしれない



 RAY

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る