満たされないまま

 満たされないまま傷を生む茨

 それでも未だ立ち続ける今は

 

 背負った重荷が消えてく頃には

 お荷物とも違う損得とも担う

 

 清濁拒んだ視界は眩むか

 毒だと知っても必要になるか

 

 傷を呑み込んで息する独りで

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます