刹那の幸せ

 覚めない夢を求めているの

 生きてるズレをこの手で埋めよう

 輝く一瞬 花火が落ちる

 記憶が尽きる 足下に散る


 一瞬の煌めき 幾つが今手に

 いつか見た笑み 冬に生きたセミ

 カラダ凍える あまた零れる

 次が灯せず 独りを終える


 儚いさざ波 新たに逆さに

 生きてることすら一つの贖い

 果てる 壁の高さに

 今も穴は空かない


 悦楽を従えて

 刹那の幸せ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます