刹那の幸せ

 覚めない夢を求めているの

 生きてるズレをこの手で埋めよう

 輝く一瞬 花火が落ちる

 記憶が尽きる 足下に散る


 一瞬の煌めき 幾つが今手に

 いつか見た笑み 冬に生きたセミ

 カラダ凍える あまた零れる

 次が灯せず 独りを終える


 儚いさざ波 新たに逆さに

 生きてることすら一つの贖い

 果てる 壁の高さに

 今も穴は空かない


 悦楽を従えて

 刹那の幸せ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!