第279話 吾輩からの重要なお知らせ

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「さて……デットエンドにも書いたし……こっちでも報告しておくか」

「……そうですね……」



吾輩はお伝えしたいことがある。

今すぐではないし、いつになるかはわからないが……おそらく今年、


『1年ちょっと、更新できない状態になります』


更新不能、音信不通になります。


まぁ、なぜというのは敢えて書きません。


だから、聞かないで。


あっ、悪いことをしたとかではないです。そこは安心してください。吾輩悪いことはしない。


突如いなくなるわけでもないです。いなくなるときは、改めてご報告申し上げます。


これは……ちょっと書こうか、迷いました。ただ、ご心配なさる方もいらっしゃるかもしれないので……えぇ、心お優しい方がいっぱいいらっしゃるので……。


だから、第二回コンテストは出られませんでした。出たら、冷やかしになってしまうから。できれば出たかったんですけどね♪


まぁ、1年ちょっとなので、長くもなく短いようにも感じます。

なので、ある日突然姿を消し、帰ってきます。物語の定番です。


――そして、1年後――


こんな感じです。何かしら、成長して帰ってくると思います。いい方か悪い方かわかりませんが。


ちょっと早いご報告ですが、そういうことです。



吾輩は考える。

心配事はたくさんあるけど……一番の心配は…。


サイトがなくなってるということないよな……。これから、カクヨムが反映していく様子を見られないのは残念だ。きっと帰ってくる頃には人が溢れかえっていることだろう。


頑張れ、カクヨムちゃん!!



吾輩は考える。

編集長が……同じタイミングで変わったりしないよな……?


ちょいと心配だぜ……。誰か勘違いするかもしれない。

編集長頑張って下さい。吾輩がいない間も。



吾輩は眠りにつく。




《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます