第240話 吾輩どうもまだ・・・トップページになれない

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「なかなか・・・文字がちっちゃいせいかしら・・・」

「所狭しと情報がありますもんね」

「そうなんだよな・・・空白を許さんばりの情報量・・・ちょっと、目につかれるな・・・まだ慣れない」

「最近の注目の基準って何でしょうね?」

「・・・なんだろうね・・・直近でレビュー書かれたとかそんなのかな?どうなんだろう」


吾輩トップページにまだ慣れない。

なんとなくだが・・・ごちゃごちゃしている印象が強い・・・。

右に左に余白なしというのは・・・何か・・・こう・・・。

圧迫感がある。


検索機能を前面に持ってきているので・・・そこから探す人が増えるといいな。

現在のランキングは・・・のぞかれなくなりやすいのかも。

星の分散が始まるのだろうか?

それにしても、静かだ・・・。グリムノーツも発表され、恋愛コンも審査中ということもあり、何か穏やかな感じです。企画の件も落ち着きましたし。


これから・・・第二回小説コンに向けてのことでしょうか?

始まりは22日。ここから、激しそうです。

いっぱい、新たな作品たちがなだれ込むのでしょう。

雪崩のように。止まることなく、休むことなく、急速に・・・。


真っ白な画面ではないことを祈ります。



吾輩は考える。

やはり、PCで書き込むのは楽だ。

まだ、キーボードの打感には慣れてないけど、だいぶらく。

これだったら、いくらでもかけそうな気もする。

バックアップをどうとるか? 考えなくてはな。



吾輩は考える。

ラーメンブームが根強い。

いつから、ここまで食い込んできたのか?

もう、千円近いラーメンにも抵抗はない。麵の硬さ、味の濃さ、なんだっけ?

なんか、3種類くらいの選択もなんなくこなせる。


外食産業で一番強いのではなかろうか?

一人で食べられるラーメン・・・なんか・・・あれか・・・食べに行く人数が少ないのかな・・・。


女性は・・・気後れするみたいだが。デートでラーメンは喜ばれそうである。

ひとりでいけない女子には。

こぎれいなラーメン屋を探してあげよう。



吾輩は考える。

よく見ると、異世界栽培が重版らしく、早いものですね。

最近、発売したような気がしてたのですが、・・・売れ行き好調!!

がんばれー!!


さて、なぜ売れたか・・・吾輩なりに考えてみよう。

どうやら、なろうにも載せているらしい。ここでもファンを増やしたのも功を奏してるかもしれん。さらに、やはり600円代。

これって、値段の問題もあるかと思う・・・。1200円と600円。

2倍の差である。まぁ、1個のもうけはでかくなりそうなのだが・・・利益率は1200円のほうが高いだろう。少ない部数で利益を出す。

いいことかもしれない。


けど、作者的にはたくさん売れてほしい・・・。

600円だと手に取る層は増えそうである。高校生ぐらいでも買いやすい。さすがに1000円はきつかとです・・・と思ってる。

思ってる・・・けど・・・最近、高校生のおこづかい・・・高くなってるのかな・・・。謎である。数千円くらいだろうと思ってるけど・・・万とかあるのかな?


あっ!?吾輩DKだった・・・。失敬、失敬。

不登校なもんで。日を浴びると死ぬもんで。あっ、一応念押しますけど、フィクションですよ。これ。


横浜駅が売れれば・・・カクヨムに人が集まりそうである。

けど、SFか・・・。吾輩の不得意分野だからな・・・・・。



吾輩は考える。

最近想うことは・・・読まれなくても黙々書いていこう。

しゃべりたがりだけど、ちょこちょこ書いていこう。

続けてけば、なんかあるかもしれないし、なにより――

楽しいし♪


吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます