第212話 吾輩あることに気付き・・・読者を一人獲得

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「やはり!!そうか!」

「どうしたんですか?」

「1章のフォローの人が減る・・・それをしょうがないことだと思っていた」

「まぁ、2章に興味がわかない人もいるでしょうけど・・・」

「そういう人もいると思う。けど、違った」

「うん?」


吾輩は1章からの読者を一人獲得。

よかった・・・。うむ。

そういうこともあるんだな。すいません、勿体ぶって。書きます。


1章が終わったところから、2章を探すという行為をしない読者もいる。

それを失念していた。

わけて、フォローを失う案件は幾度となく見てきた。

興味が薄れたのだろうって、結論付けてたけど違う。


マイページでしか、小説を見なくなると探せないのである。

更新されただけのものをいくつも読む。


そうすると・・・どれだけ新着にあげようと、作者ページを開かない人なら、まず見つけられないのかもしれない。


読者への配慮のひとつかもしれない・・・。迂闊にわけるのは手間をかけさせてしまうので・・・あまりお勧めしない・・・。


話しは戻るがそこに気付いた吾輩・・・1章に追加をしました。

2章がここにありますって、昨日エピソードを書いたのである。


そしたら・・・1名気付いてくれた・・・。

しかも、応援までくれた・・・ありがとう。うぅうう(泣)


新規で2章を書く場合こうした配慮も必要なのだと思い知らされた・・・。

大分時間が経ってしまったので・・・戻らない人もいるだろう・・・。

これは吾輩のミスである・・・。

まぁ、1章で飽きてしまった人もいるだろうから・・・否めないが・・・。


読者に声掛けをするのも必要なのかもしれない・・・。

読んでもらうために・・・。

ここにあるよーって。タダなので読んで―って。


吾輩は考える。

最近、カクヨムちゃんガンバです!

第2回まで結構日があるので・・・何とも言えないが。

けど、頑張ってる!!いけいけ、かくよむちゃん!!

押せ押せ、小説フォロー!!

入れろ入れろ、星を!!

ナイスフォロー!! もう1回!!


ふぅー。応援も大切だよね♪



吾輩は考える。

恋愛コンで・・・ブログの人が一位に躍り出る。

小説フォローが11月7日登録が多いので・・・そこでなんかしたのかな?

本当にブログもあるかたなので・・・多分・・・そこから何か呼び寄せる手段をこうじたのやも・・・。ちょっと、見れないページもあったのでわからん。


吾輩迷探偵。調査を終える。


ブログでコツコツやってきて見方を引き連れてくるという戦術は、やはり強い部分がある。ファンとは盲目でもあるのかもしれない。できれば、他の作品とも・・・見比べて欲しいけど・・・それは勝手なお願いである。


おそらく、しばらく上位にいそうな気がする・・・。


ただ・・・複垢との見分けはつかないんだけどね♪ これがあるから、わからんのよね。熱烈なファンか・・・自画自賛なのか・・・。判断に迷わせられる。裁きを下すのは・・・決定的な証拠がある時なのである。


それがジャーナリズムの基本。


吾輩はハッピーエンド好きなので、とりあえず前者を信じてみる。



吾輩・・・

ちょっと、ガンジータイム入ります。

不服従です。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます