第133話 吾輩の頭はごちゃごちゃしている

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・どうもあれこれ・・・同時に考えすぎてるな」

「そういときは書きだすのが一番ですよ!!」

「・・・さすが、セバスチャン!!」

「えっへん」


吾輩の頭で悩んでることを書きだしてみる。


① 文章の表現について

これについては常に悩み続けている。

いまだにピーンと来てない。それは読んでる作品量が少ないから。

カッコいい表現っていうのがつかめていない。


良く見る文字がある。


怪訝

訝しげ

静謐

嗤う


おそらく、これは良く使われる表現なのだろう。こういうのを蓄積していかねばならぬ。

そもそもを知らない。小説という媒体について。


そして、小説のルールを掴んでない。


――これを良く見るが・・・いまいち読んでもいてもピーンと来ない。使い方が様々過ぎて・・・追いつかない。


時系列についてもいまいち。文章トリックについてもいまいち。

いまいち。いまいち。

足して。いま千くらい。足りない。


これを解決にするには・・・

ひたすら読む。それしかない。自分がカッコいいと思った文章たちを蓄積するしかない。


とりあえず、1個目終了。


② デットエンドの3章について

これの最初の出だしはいい。もう1話目は決まってる。

2話目以降だ。

学校にいるか・・・バレンタインはやっておきたい。

それと・・・3年実地研修。いく。

それまでの間に学校のやつらとどれだけエピソードをからめるか。


一番悩ましいのは・・・実地研修だな。

これだけは・・・まだ内容が不透明である。一個重要な絡みあるのだが・・・。

そこだけで他がまだ決まってない。

いつ?どこに行かすか?何の目的で?どうするか?如月との絡みが重要だ。

ここで、一個小さなピークを持ってくるか。


そして、中盤・終盤の書きたいラストへ。


そして、ラストについて、一番の問題は・・・登場人数多すぎ・・・。

大乱戦だからな・・・。ここの書き方をどうするかが問題だ・・・。

2章であれだけ長かったんだ・・・3章が怖い・・・・。

色んな絡みがあるからな・・・。


あとは、謎を明かす・・・。


う~む。やっぱり長考だな・・・これは。



③ 当初の目的について

デットエンドは当初10エピソードで終わりだったのに・・・。

気が付けば長い話に・・・あとからあとから湧いてくるからな・・・。3章を超えた部分まで考え着き・・・はじめているのは問題だ。


そもそも、『正義の名のもとに』を脚本形式から・・・ビルドアップするための・・・練習なのだが・・・。もう、練習を通り越している。


デットエンドに愛着もあるのと・・・最後まで終わらせてあげなきゃ・・・気持ち悪い。あのラストを書きたいから。そこまで書きたい。


3章をもし書ききれたら、なんか見えそうな気もするんだよな・・・。

ただ、やっぱり足りない部分は残るだろう。


④ どうするのが近道なのか?

1作品の為に・・・どこまでやるんだ吾輩は?

よーく、考えたら・・・良く4日間であそこまで話を考えたものだ。

アホかと思う。あらすじを全部書き出して・・・そこから暗殺教室方式で物語を・・・・・・。

ホント・・・アホみたいな話数である。

あの時は、ほぼ寝ずに・・・やっていたな・・・。そこから脚本形式で書き上げること1ヵ月。


本当・・・、よーう書いたな。

そうだ・・・脱線した・・・。そんなことは、今はどうでもよく。


作品を仕上げる為に・・・どうするのが一番いいのか・・・。

ストーリー、設定、キャラ、セリフ。そこまではできている。

問題は・・・デザイン・・・。と

表現媒体。小説向きであるのか・・・改めて考えよう・・・。

うーむ。


・・・

・・・・・

・・・・・・・


やっぱり、ちょっと違うな・・・。

バトル多いもんな・・・・。おまけに多人数バトル。


絵も・・・ちょっと書いた方が・・・。

そうかもな・・・。そっちかな・・・。


吾輩の混沌は続くが・・・

吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます