どらいぶする~

 いつものバス停にて――


「おぉ! アキバズトリップ、アニメとシンサクっ!!」

 イブキがゲ~ム情報アプリのトップにあった、そんな記事に瞳を輝かせる!


「アキバのサイゲンドたかさがウリらし~けど、イブキさんいったコトないからわっかんないだよなぁ~。でも、あのノリとバカバカし~スト~リ~はスキっ! ダブルドラゴンみたいなヨコアクションゲ~ムのサイシュ~シカンカケ~だとおもってるよ」

 腕組みしながら、そんな事を呟く。


「サイドスト~リ~のアキバはっしょ~のレイのアイドルグル~プをたおせみたいなヤツで、ホントに48ニンでてきたトキはビックリしたな~……ヒョ~ジげんかいかんがえてよっ! れんコンボでみ~んなハダカにしてやったけどネ!!」

 ドヤ顔でそんな事を誇らしげに呟く、イブキの隣では、


「あぁ~あ……免許ほし~な……」

 月夜がスマホ画面を見ながら、そんな事を洩らす。


「なになに? 月夜クルマのメンキョほし~の?」


「あぁ……うん」


「どっかいきたいトコとかんの?」


「ううん。これ――」

 そういって月夜が見せてくるスマホ画面には9月25日までスタバでドライブスル~でフラペチ~ノをオ~ダ~すると、シュ~スティックが1杯に1本もらえると広告だった。


「も、もしかして……このタメにメッキョほし~とかいったの?」


「うん。そ~だケド?」

 なにか問題でも言いたげ、そう返してくる月夜になにも言えないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます