え〜あい。

いつものバス停にて――


「おぉ! バイクメ〜カ〜がAIをト〜サイしたバイクをカイハツチュ〜っ‼︎」

ロボやメカといった物が大好物なイブキがテクノロジ〜系ニュ〜スにのっていた、そんな記事にかぶりつくっ!


「タイワからカンジョ〜をよみとってアンゼンうんてんをうながしたり、ライダ〜ととにはしりをかさね、むにのアイボ〜になるのがコンセプトっ! いいよ‼︎ こんなのあったらイブキさんも『バクオン』みたいにJKライダ〜になっちゃうよっ!」

そんな事を言いながらアニメ化もした某人気漫画のワンシ〜ンをイメ〜ジする。


「あさもやのナカ――イブキさんはバイクはなしかける「よう! アイボ〜。チョ〜シはど〜だい?」――すると――」


「毎日、毎日こんなちっさくてミニマムで色気のないガキばっかし乗せて、いい加減ウンザリだぜ!」


「イブキさんのアスラ〜ダはそんなコトいわないモンっ!」

途中からアテレコした月夜に対して、猛抗議するイブキ。


「ウチがバイクならそう言うかなって――って、アスラ〜ダって……そんなサイバ〜なフォ〜ミュラ〜な名前つけるの?」


「いいでしょ! べつに! それに月夜がでてきたら『バクオン』じゃなくって『バクグイ』になっちゃうからでてきちゃダメ‼︎」

と、自分のイメ〜ジに出演NGを出すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます