かんとく。

いつものバス停にて――


「おぉ! メタルギアのシンサクがハッピョ〜‼︎」

イブキがゲ〜ム情報のトップにのっていた記事に大喜びをする。


「イブキさんMGSのせ〜で、みちにダンボ〜ルおちてると「あっ! だれかかくれてる」とか、しらないバショにいくとシゼンとかくれられるトコさがすよ〜になちゃったモン」

イブキがそんな特殊な癖を暴露しながら、


「でも、カントクさんかわっちゃったしなぁ〜……ツイッターじゃ、あたらしいのはMGSじゃないってイケンばっかだし……イブキさんてきにはもっとナマアタタカイめでいこ〜かなって、クソゲ〜だったらクソゲ〜でまた、それもおもしろかろうっ! っておもえるくらいの」


「いや! やっぱし好きな監督変わって以前のからガラっと変わってのはファンとしてはツライんじゃない? 別のタイトルとかスピンオフでやってよ的な――」

と、なにか思い当たる節があるのか月夜が珍しく話しに絡んでくる。


「さすがにそんなにかわったり――」

言いながら記事のさきを読む。


「いきのこったMSFのメンバ〜がイセカイにとばされて――イセカイっ⁉︎」

いま公表されている設定を読みながら声を上げるイブキ。


「ほ〜ら、怪しくなってきたじゃない」

月夜の意地の悪い笑みを浮かべながら、


「ダイジョブ、ダイジョブ。まだシュ〜セ〜かの〜だから、ええっと……イセカイにとんでゾンビとたたかう――ゾンビっ⁉︎」


「修正可能?」

完全に沈黙してしまったイブキにそう問いかける。


「そ――それもおもしろかろうっ! イブキさんはかうよっ!」

ヤケクソ気味にそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます