むしさされ。

 いつものバス停にて――


「う~ん……かゆいかゆい……」

 イブキが頬や腕、脹脛を『ペチン、ペチン』と手の平で叩きながら、


「もう~! なんでイブキさんばっかし、エイ!『ペチン!』 さされんのかぁ~? 月夜のほ~がおいしそ~なのにっ!!『ペチン』」


「さり気にウチへと擦り付けようとしないでよっ!」

 月夜は『しっしっ』と手でイブキの事を追い払う仕草をしながら、


「だって~イブキさんばっかしさされてフコ~ヘ~じゃん。かくとアトになっちゃうからかけないし……」


「刺された箇所にセロハンテ~プを貼るとかゆくなくなるらしいよ」

 そう言いながら、カバンからテ~プを取り出して渡す月夜。


「ホント?」

 イブキはテ~プを受け取ると、赤くなってる部分に貼りつける。


「う~ん……きのせ~かもしんないけど、かゆくないきがする」

 首を傾げながら、そういうイブキ。


「なんか空気に振れなくなるから痒みがなくなるんだってさ、あと掻こうとしてもかけないしね」


「へェ~……そなんだ」


「ただ――」


「ただ?」


「なんかバカっぽく見えちゃうのが難点よね~」


「そんなふ~にみえちゃうんだっ!」

 慌てて剥がすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます