稀によくでる。

 いつもバス停にて――


「おぉ! ロ〜ソンコラボ、つぎのやつでアキツシマのフィギアでるんだぁ!」

イブキが今日もユンケルを飲みながら、最新のゲ〜ム情報を見て。


「またユンケルじゃないよね? イブキさんタペストリーのためにタイリョ〜がいしちゃって……げんきまんまんすぎなんだモン! いまなら24ジカンぶっと〜しでゲ〜ムできちゃう‼︎」


「勉強はしないんだ」


「そんなのしないよっ!」

と、言い切るイブキ。


「そんな自信満々で言い切る事じゃないからっ!――ったく、せめて宿題ぐらいやんなさい」


「それも月夜にうつさせてもらってるし」

 指で『V』の字をつくりながら、


「まったく……」

 月夜は呆れ顔のまま腕組みをする。


「これで前回の試験で学年一位とったなんて、信じらんない」


「プレ4かかってからねぇ~」

 今度は両手で『V』をつくりながら『にぱっ』と笑顔でそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます