け〜き。

 いつものバス停にて――


「こんげつのランカ〜ほ〜しゅ〜は『ネしきエンジン』かぁ〜……ついにジェットくるかな? ネならキッカかな? ツがたならハイブリッドせんと〜きの『キョッコウ』とかロマンあるのに――」

イブキがスマホを見ながらそんな事を洩らす。


「う〜ん……今年もクリスマスはアルバイトかぁ〜……」


「そなの?」


「うん。お店の外でケ〜キ販売かな? まあ、余ったらもらえるから、むしろ自分から進んでシフトはいったんだケド……」


「そっか……」

生返事をしながら月夜がサンタさん並にデッカい袋にケ〜キを満載してるイメ〜ジがイブキの脳裏に浮かぶ。


「……いや、さすがのウチもそこはひとつだけにするよ」


「うおっ⁉︎ なんでイブキさんがかんがえてるコトを――」

イブキのイメージにツッコミをいれる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます