はついたいけん。

 いつものバス停にて――


「おぉ! エスコンのシンサクがVRタイオ〜ででるんだぁ!」

イブキが瞳を輝かせながら最新ゲ〜ムの情報を読んでいる。


「そんなに凄いの?」

月夜が読んでいた記事――『ピザのトッピングにピザ』を読むのを中断し、イブキの話題に口を挟む。


「フライトシュミレ〜ションだもん! きっとホントにソラとんでるかんじになるとおもわれる」


「ふ〜ん……」


「3DSのときもスゴかったけど、ケ〜タイキだったからグラフィックがちょっと……そのてんコンカイはサイシンのPS4‼︎」

言いながら4本の指を立てる。


「ついに――ついにイブキさんもVRハツタイケン!」


「でも、あれって割と高価じゃないの」

月夜が仕草で頭にかぶる動作をする。


「あ~……うん……そ~なんだよね~……う~ん……」

 腕を組んで考え込むイブキ。


「クリスマスにかけるか……おとしだまにキタイしよ~」


「アルバイトするとかって考えにはなんないのね」


「ふふん♪ はたらかずにモクテキのモノをてにいれるのがイブキさんのジャスティス!」

 そう言って無い胸を張るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます