もえそで。

 いつものバス停にて――


「――くっちゅん! はむ」

 イブキが盛大なクシャミをした後に身を震わせ、お気に入りのマフラ~に顔をうずめ、制服の上に着たダブっとしたカ~ディガンの裾を引っ張る。

「イブキってさ――」

 それを見ていた月夜が口を開く。

「ん~?」

 イブキがサイズの合わないカ~ディガンの袖をパタパタさせながら月夜の声に答える。

「イブキのそれって萌え袖?」

「ん? モエソデ?」

 イブキがナニソレ? といった感じに首を傾げ聞き返す。

「それよ! それ! サイズの合わない服を着て手を半分だけだすスタイルの事」

「へぇ~そんなふ~にいうんだ」

「知っててしてんじゃないの?」

「ううん。イブキさんはいちばんち~さいサイズでもこんなふ~にダボっとしちゃうだけだよ」

「そっか。イブキっぽくってカワイイよ」

「ん。ありがと」

 そういって微笑んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます