きょ〜かん。

 いつものバス停にて――


「人気声優が足をぶつけて骨折」

「うへ! あれいたいいね〜」

月夜の呟きにイブキが顔をしかめながら漏らす。

「痛いけど寝たら治ると思って就寝、翌朝に青アザになって歩くと衝撃でズキズキといたむようになり病院に行ったか〜」

「わかる、わかる。ぶつけたときはトビあがるほイタくて、そのあとジンジン――あるくとズキズキすんだいね――コユビとかさ〜」

「あ! でもぶつけたの薬指みたいだよ」

「あ〜それはわかんない」

そこは同意できないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます