あぷり。

 いつものバス停にて――


「ねぇねぇ――」

イブキが自身のスマホから目を離さず会話をしてきた。

「月夜ってさ〜どんなアプリいれてんの?」

「アプリってスマホの?」

「そそ――イブキさんのヨソ〜だと、ラーメンのアブラをつついてお〜きくするゲーム『無限ラーメン』はやってそ〜」

「いやいやいや――そんなアプリいま初めて知ったから、それにウチはスマホでゲームとかはあんまり……ニュースアプリや情報アプリの『グノシー』とかかな〜」

「そっか〜なぜかiOS審査にひっかかった『コンボイの謎』とかおもしろいのに〜」

「激ムズで既に10体がゲームオーバーしてるやつじゃん!」

「ゲームやいろんなアプリあるよね〜」

「正規のでも何十万らしいからAndroidも含めるとものすっごい数になるだろうね〜」

「かんたんにつくれんのかな?」

「ど〜だろ? 主婦の人がつくったとか見た事あるし割と簡単にできるのかな?」

「もしつくれんなら――夏休みなのに登校させようとする、きょだいセンセ〜から戦ったり逃げたりする『進撃のJK』」

「それより男子校で部を創設して友情や愛情を――」

「そんなBLまるだしなのぜったいダメ! もっと――『JKファタジ〜』とか『JKクエスト』『ティ〜チャ〜ハンタ〜』――」

「全部パクりじゃん! それより――」

それなりに楽しそうな二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます