ねいる。

 いつものバス停にて――


「みてみて~」

 イブキがそういって細く長い指を月夜に見せる。

「イブキって手綺麗だよね、指細くて長くて、肌もつやがあって」

「どこみてんのさ! 見てほしいのは爪だよネイル~」

「ネイル?」

 言われて注意深くイブキの整えられた爪を見る。

「あら!? 可愛い! ドラム缶が浮き輪つけてる」

「ドラム缶ちがう! レンソウホ~ちゃんだよっ!!」

「ふ~ん……よくわからないけど上手く書いてあるね」

「でしょ、でしょ~イブキさんが自分でやったんだよ!」

「へ~アンタ意外に器用なんだ――」

「そうなんだよ! 月夜にもやったげるよ」

 そういって月夜の手を取り、

「いや、いいよ」

「えぇ~!? なんでなんでかわいいの書いてあげるよ~」

「ほら、ウチって弓道やってるじゃん? 爪とか手とか結構ボロボロで皮も厚いからさ~」

「なるほど~。そういえば弓道ってさ~」

「うん?」






















































「弓矢使ったサバゲーみたいなモン?」

「うん……ぜんぜん違う」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます