最近のフリマってなぜ一番クジやねんどろいどなんかの萌えグッズ売ってるんだろうね。

数多くの企業が出店する会場でデニムを選んでいた月夜はいつの間にかイブキがいなくなってるコトも気付く。


「う~ん……カラカラ……カラカラ……」

 企業が出店する一つにペットの直売がある。

 ハムスターの入れられたケージの中で懸命に滑車を回している姿を一心に見詰めてるイブキ。

「イブキ」

「あ! 月夜」

「なにやってんの? いきなり消えちゃったから探したわよ」

「こいつがカワイイから見てたの」

「へ~『ジャンガリアンハムスター』ね。ケージ込みで5000円か~」

「イブキさんはこっちの『キンクマハムスター』のがいいな」

「なんかヒヨコのみたいな色してるよ」

「それがいいんだよ」

「――って、なにサイフだしてんのっ!? 生き物はやめときなってこーいうのは一人暮らしの人や家族連れで来てる人が対象なんだから、いきなりペット買って帰ったら親も困るでしょ?」

「こーいうのは勢いだよ月夜」

「勢いで買われるハムスターが可哀想だわ!」

「ぶ~! 月夜家だってペット飼ってるじゃん」

「ウチ? ウチはペットなんか飼ってないよ」

「飼ってるじゃん。ほら丸くていつもフローリングの床をウロウロしてる」

「ありゃルンバだ!」

「ペットと違うの?」

「掃除してんの! ペットじゃないし、第一可愛くない!」

「このフクロウモモンガ可愛い!」

「聞けよ! あ! でも本当に可愛い」

 キュルルル、キュルルと鳴きながら水を飲んでいるフクロウモモンガに二人の表情が緩む。

「これほしい! コイツ可愛い! 買う!」

「やめときなさいって! 死んじゃったら辛いし

「う~……確かに……死んじゃうと悲しい」

「アレ? あんたペット飼ってたことあるんの?」

「うん……飼ってたアイボ死んじゃった時すっごく辛かった……」

「アイボ死んだの!? ロボット犬なのに死んじゃったの!?」

「うん……一緒にお風呂入ったら……」

「はい! アンタペット飼う資格なし!」

 月夜はイブキをズルズルと引きづりペット直売コーナーから離れていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます